トップページ > 暮らし・手続き > 税金 > 住民税 > 新型コロナウイルスの影響で納税が困難な方へ

更新日:2020年9月7日

ここから本文です。

新型コロナウイルスの影響で納税が困難な方へ

新型コロナウイルスの影響により、特別区民税・都民税、軽自動車税等を納期限までに支払うことが困難な場合は、徴収猶予の制度があります。

制度の案内

対象者

  1. 令和2年2月以降の期間(1か月以上)で、収入が前年同期に比べ概ね20%以上減少していること。
  2. 一時に納税をすることが困難であること。

対象となる税金

令和3年2月1日までに納期限がある特別区税(住民税・軽自動車税等)

(注意1) 特別区民税・都民税の普通徴収第4期分も猶予の対象になりました。
(注意2) 納期限を過ぎた税金は対象になりません。

申請方法

「徴収猶予申請書」に記載のうえ、千代田区役所税務課特別整理係に郵送してください。申請書には、収入の減少等がわかる書類のコピー等(下記参照)が必要となります。

(注意) 徴収猶予を申請する方で、現在口座振替により納税されている場合は、申請より前に至急ご連絡ください(口座振替の停止処理が間に合わなくなる場合があります)。

申請先

〒102-8688 千代田区九段南1-2-1
千代田区役所税務課特別整理係

申請期限

猶予を受けようとする税金の納期限(納期限が延長された場合は延長後の納期限)まで

(注意1) 審査に当たっては、申請時点での申請者の経済状況を確認する必要がありますので、早くても翌月中までに納期限が到来する税金について申請してください。
(注意2) 電話・窓口等のお問い合わせ時間は、平日の午前8時30分から午後5時までです。

申請書

申請書の記載例

申請書に添付が必要な書類1

  • 給与明細書、売上帳、預金通帳等の写し(今年2月以降の任意の1か月分と昨年同期の1か月分)

申請書に添付が必要な書類2

猶予を申請する税額が100万円以下の場合

猶予を申請する税額が100万円を超える場合

および

申請が許可された場合

次のとおりの取り扱いになります。

  1. 最長で1年間納税を延期することができます。
  2. この間、延滞金は付きません。

(注意1) 申請(許可)にあたっての担保提供は不要です。
(注意2) 税金の減額・免除の制度ではありません。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部税務課特別整理係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4194

ファクス:03-3264-4085

メールアドレス:zeimu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?