トップページ > 区政 > ホームページ運営 > 新型コロナウイルス感染症に対する区の対応

更新日:2020年3月27日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に対する区の対応

緊急 今週末(3月28日・29日)の外出自粛のお願い

東京都内での感染者数の急増により、現在、東京はオーバーシュート(爆発的患者急増)が発生するか否かの重要な局面に入っていると考えられます。

このため、区では緊急措置として、いくつかの区有施設の休館・閉鎖を追加させていただきました。

区民の皆さまには、このことをご理解いただき、感染拡大防止のため、今週末の不要不急の外出につきましては、ぜひとも控えていただくようお願い申しあげます。

令和2年3月27日 千代田区長 石川 雅己

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、学校等の臨時休校をはじめ、図書館の閲覧やイベントの中止など、多くの皆様に大変なご負担とご不便をおかけし心苦しく思っております。

千代田区も東京都などと連携し、保健所を中心に相談や検査体制などを整え、感染の拡大防止に区が一丸となって対策を講じております。

皆様方も誤った情報やデマなどに惑わされることなく、手洗いや咳エチケットなどの基本的な予防策を着実に実行していただき、まさに「ワンチーム」でこの難局を乗り越えていきたいと思います。今後ともご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

令和2年3月13日 千代田区長 石川 雅己

中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が複数報告されて以来、世界各国で患者発生が報告されています。

1月30日未明、世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると発表しました。国内では2月1日より、新型コロナウイルス感染症が指定感染症に指定されました。

国内でも患者発生が報告されていることを受け、区では2月5日に健康危機管理対策本部を設置し、区民等からの相談や適切な情報提供等感染症予防対策を行っています。

2月25日に政府の対策本部会議において「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が策定されたことを受け、翌26日には感染拡大を防止する瀬戸際とされている3月15日までの当面の期間における区の基本方針を策定し、区民の安全確保に重点をおいた対応を進めます。

また、区は、2月26日に策定した「新型コロナウイルス感染防止に関する千代田区の基本方針」を、2月28日に更新しました。

  • 「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」の期間の延長について
    • 3月23日付けで、「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」の期間を3月31日から4月12日まで延長することを決定しました。

健康危機管理対策本部会議(区の基本方針)

区民の皆さまへ

イベント・事業・施設運営の中止等のお知らせ

事業者の皆さまへ

区内における新型コロナウイルス感染症患者発生の公表

プレスリリース(報道機関への情報提供)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?