トップページ > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成25年プレスリリース > 平成25年8月プレスリリース > 平成25年8月23日 飯田橋で750人が防災イベントに参加~訓練全体では3,000名を超える参加者~

更新日:2013年8月23日

ここから本文です。

平成25年8月23日 飯田橋で750人が防災イベントに参加~訓練全体では3,000名を超える参加者~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

写真:防災イベントの様子1 写真:防災イベントの様子2

アイガーデンエア タウンマネジメント協議会では、9月1日の防災の日に先立ち、8月23日、飯田橋のアイガーデンエアフォーラムで、防災訓練「防災イベント2013」を行いました。

この訓練は、平成16年5月に締結したアイガーデン地区の事業所8社の「災害時相互応援協定」に基づき、平成18年から実施しているものです。8回目の開催となる今年も、「首都直下地震に備えて 高めよう 自主防災力を」をテーマに、実践的な訓練内容により、事業所の自主防災力を高めるとともに、地域住民の皆さんとの自助・共助の絆を強めることを目的に行われ、事業所の社員や地元住民の方々、など約750人が参加しました。

また、訓練会場以外の各事業所でも、9時30分に防災センターや災害対策本部立ち上げ訓練、会場と開始時間をあわせ、シェイクアウト訓練(一斉防災訓練)や初動対応訓練など、およそ2,300名が参加し、総勢3,000名を超える訓練となりました。

そして訓練会場では、救出・救助訓練や負傷者搬送訓練、応急救護訓練などの「発災型地震対応訓練」を中心に、非常食試食体験やはしご車体験、高層建物避難訓練など、体験型の訓練が行われました。

また、今年は、新たな試みとして、帰宅困難者対応訓練として、千代田区との防災無線運用訓練及び事業所間の「情報伝達訓練」や帰宅困難者用に区が整備した災害対策用備蓄施設から支援物資等を搬出する「支援物資等搬出訓練」を行いました。

参加した事業所の社員の方は、「起震車に体験乗車しましたが、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)がこんなに揺れるとは思いませんでした。実際に体験するのは良い経験になりました。」(50代女性)などと、また、地域のお子さんは「キュータ(東京消防庁マスコット)と一緒に消火器体験をしたよ。消火器の使い方がわかって、とてもおもしろかった。本当の火事のときも大きな声で『火事だー!』ってみんなに知らせるよ。」などと話していました。

防災イベントの概要

日時

平成25年8月23日(金曜日)10時00分~12時00分

会場

アイガーデンエア フロントフォーラム(千代田区飯田橋3-10)

主催

アイガーデンエア タウンマネジメント協議会、大和ハウス工業(株)、日本ホテル(株)ホテルメトロポリタンエドモント、KDDI(株)、(株)大塚商会、(株)日建設計、日立マクセル(株)、三井不動産(株)飯田橋オフィス、日本貨物鉄道(株)

後援・協力

千代田区、麹町消防署、麹町消防団、麹町警察署、飯田橋町会、シェイクアウト提唱会議

問い合わせ

(幹事会社)株式会社大塚商会 電話:03-3514-7111

千代田区 防災・危機管理課 電話:03-5211-4187

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?