トップページ > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成26年プレスリリース > 平成26年2月プレスリリース > 平成26年2月3日 日枝神社・神田明神で節分の豆まき~福を呼び、春を招く「節分祭」に、多くの人々が詰めかける~

更新日:2014年2月3日

ここから本文です。

平成26年2月3日 日枝神社・神田明神で節分の豆まき~福を呼び、春を招く「節分祭」に、多くの人々が詰めかける~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

節分の2月3日(月曜日)、千代田区内の日枝神社や神田明神で、節分祭恒例の豆まきが行われ、福を求める多くの人々が境内に詰めかけました。

日枝神社(千代田区永田町2-10-5)では、午前11時半から本殿内で神事が執り行われた後、特設舞台で豆まきが行われました。

現役力士(関取)の琴欧洲関、琴勇輝関(佐渡ヶ嶽部屋)、増位山太志郎さん(元三保ヶ関親方)、清國勝雄さん(元伊勢ヶ濱親方)、東京オリンピック重量挙げ金メダリストの三宅義信さん、ミスソフィアの國井結花さん(上智大学)、地元の町会の方々、一般応募の年男・年女など約120人が登場し、神前の前の舞台から豆を撒くと、境内に集まった多くの人々は、豆を取ろうと歓声をあげて手を伸ばしていました。

アメリカからやって来たという女性たちは「とてもおもしろかった」「伝統的な行事でとても興味深かった」「皆がジャンプして豆を取る姿がおもしろかった」などと口々に話していました。

写真:日枝神社1 写真:日枝神社2
写真:日枝神社

一方、神田明神(千代田区外神田2-16-2)では、午後2時から江戸消防記念会による木遣りの声が響く中、盛大な豆まき式が行われました。

赤鬼・青鬼をはじめ、だいこく様・えびす様に続き、氏子総代、地元の町会の方など約450人が豆を撒くと、福をつかみ取ろうと参拝客らが殺到していました。

訪れた参拝客は「人が多くてびっくりしました。福豆が取れたので、今年一年いい年になると思います。」、「毎年参加させていただいていて、今年はあまり福豆が取れなかったので、来年をもっとたくさん取れるように頑張ります。」と話していました。

写真:神田明神1 写真:神田明神2
写真:神田明神

問合せ

  • 日枝神社社務所 電話:03-3581-2471
  • 神田明神社務所 電話:03-3254-0753

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?