トップページ > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成26年プレスリリース > 平成26年2月プレスリリース > 平成26年2月3日 区立九段中等教育学校入学者決定に関する適性検査 受検上の指示に誤り

更新日:2014年2月4日

ここから本文です。

平成26年2月3日 区立九段中等教育学校入学者決定に関する適性検査 受検上の指示に誤り

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

平成26年2月3日(月曜日)に実施しました、千代田区立九段中等教育学校における適性検査において、一部の検査会場の受検者に対する受検上の指示に誤りがありました。

概要及び採点上の対応は下記のとおりです。

このような事態を招いたことを深く反省するととともに、再発防止に向けて、適性検査の実施方法を再検討し、改善してまいります。

1 概要

(1) 発生事実

適性検査問題の一つにおいて、監督者が、区分A(区民枠)男子の検査会場2室のうち1室の受検者に対して、検査開始前に、定規をしまうよう指示を与えるべきところを与えず、検査時間中、その検査会場の受検者が机上に問題の解き方に影響を及ぼす可能性のある定規を置いたままにするという事態を招きました。

なお、区分A(区民枠)女子及び区分B(都民枠)の検査会場での指示は適正に行われました。

(2) 定規の使用が問題の解き方に影響を与える問題

適性検査2の問題2の問1(PDF:15KB)

(3) 当該問題の出題の意図

コンパスの機能と使い方を理解しており、問題の内容に応じてコンパスを活用して答えを導くことができる力を見るものです。

(4) 当該問題の出題の意図に沿った解き方

  1. コンパスで、[資料2]陸上トラックの曲走路の始まりと終わりを結ぶ直線(破線)で示された線分の長さを、「問1」の問題用紙に印刷されている【数直線】を使って線分の長さを測ります。
  2. 測った長さを2で割った長さを求めます。
  3. 2で求めた長さを、「問1」にある【数直線】を利用してコンパスで測りとります。
  4. 3の状態のコンパスを用いて、「適性検査2 解答用紙(1枚目/2枚中)」の破線上に円の中心となる位置を定め、黒丸印(●)を記入します。
  5. 黒丸印(●)を中心として、曲走路にあたる半円を書きます。

(5) 当該問題の出題の意図において定規の使用が解答に与える影響

当該破線の線分の長さを定規で計測することが可能となり、採点において、コンパスの機能と使い方を理解しているかどうかということ、問題の内容に応じてコンパスを活用して答えを導く力があるかどうかということを見ることができなくなってしまいます。

2 採点上の対応

適性検査2の問題2の問1について、区分A男子の受検者全員に一律当該問題の配点を加点することとしました。

問い合わせ先

千代田区立九段中等教育学校(電話:03-3263-7190)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?