トップページ > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成26年プレスリリース > 平成26年2月プレスリリース > 平成26年2月20日 3月9日~ 東日本大震災に関連する映画32作品、一挙上映 3.11 映画祭 開催

更新日:2014年2月21日

ここから本文です。

平成26年2月20日 3月9日~ 東日本大震災に関連する映画32作品、一挙上映 3.11 映画祭 開催

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

東日本大震災復興支援プラットフォーム「わわプロジェクト」(運営:一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN)は、2014年3月9日(日曜日)~30日(日曜日)の22日間の会期で、東日本大震災関連の映画のみを上映する「3.11映画祭」をアーツ千代田 3331で開催します。

本映画祭では、さまざまな道のりで復興へ向かう人々や、原発事故に翻弄される人々の日常を追った作品など、それぞれの監督が多様な視点から捉えた東日本大震災に関するドキュメンタリー映画・全32作品を一挙に上映いたします。会期中は、監督や出演者、復興活動に携わる方々によるトークイベントも織り交ぜ、1日2~3作品を上映します。また、館内では復興支援プロダクトの販売や関連展示なども行います。

本映画祭を通し、風化が進む東日本大震災の記憶を見つめ直すとともに、それぞれの想いで復興へと向かう被災地のいまに目を向けることで、そこに生まれた新たな気付きや価値観がこれからの豊かな未来につながることを願います。東日本大震災から4年目を迎え、新たな局面へと向き合いつつある今だからこそ、各作品が映し出す現実や、投げかける問いをみなさんと一緒に共有できれば幸いです。

開催概要

催事名

3.11 映画祭

日程

2014年3月9日(日曜日)~30日(日曜日)(22日間(休場日なし))

時間

上映時間は日によって異なります。(3月9日は午後6時~の1回のみ)

会場

アーツ千代田 3331内 特設ギャラリー(東京都千代田区外神田6-11-14)

主催

わわプロジェクト(一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN)

共催

株式会社グローパス

協力

アーツ千代田 3331

料金

共通1回券:1.000円/前売り、千代田区割、シニア割1回券:700円/web割900円/高校生以下無料

お得な5回セット共通券・フリーパスがあります。

(3月11日と12には無料のイベントもあります)

その他

  • チケット1枚につき200円が募金に。(会場で支援したい団体を選び、応援チケットを投票していただきます)
  • チケットは公式サイトで販売中、会期中は公式サイトおよびアーツ千代田 3331受付にて販売。
  • トークは公式サイトからの事前予約ができます。

上映作品(五十音順)ドキュメンタリー

  • あの日~福島は生きている~
  • 石巻市立湊小学校避難所
  • 犬と猫と人間と2 動物たちの大震災
  • うたうひと
  • うたごころ《2012年版》
  • 大津波のあとに
  • 架け橋 きこえなかった3.11
  • 311
  • 3.11後を生きる
  • 3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば〜
  • 先祖になる
  • 相馬看花 第一部 奪われた土地の記憶
  • 立入り禁止区域・双葉~されど我が故郷~
  • 津波のあとの時間割〜石巻・門脇小・1年の記憶〜
  • 手のなかの武器
  • 内部被ばくを生き抜く
  • なみのおと(東北記録映画三部作 第一部)
  • なみのこえ気仙沼(東北記録映画三部作 第二部)
  • なみのこえ新地町(東北記録映画三部作 第二部)
  • 逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者
  • ヒバクシャ 世界の終わりに
  • friends after 3.11《劇場版》
  • フタバから遠く離れて
  • プロジェクトFUKUSHIMA!
  • 僕らはココで生きていく
  • ミツバチの羽音と地球の回転
  • 無常素描
  • LIGHT UP NIPPON 日本を照らした奇跡の花火
  • 六ケ所村ラプソディー
  • わすれない ふくしま
  • 缶闘記(短編)
  • Documentary/Georges Rousse Art Project in Miyagi(短編)

(短編は一部の長編作品と合わせ上映)

作品全32本を上映

トークプログラム

特別講義(無料)

  • 3月11日(火曜日) 3.11減災会議、まちづくりからの減災 中村一樹(明治大学経済学研究科特任教授)
    (講義後、東日本大震災発生の14時46分に館内で黙祷を行います)

特別上映+トーク(無料)

3月12日(水曜日) 相馬高校からあなたへ 相馬高校3年の生徒たち

上映+トーク

  • 3月10日(月曜日)「あの日〜福島は生きている〜」 今中康平(監督)
  • 3月15日(土曜日)「僕らはココで生きていく」 下山和也(監督)、松本哲也(出演者)
  • 3月16日(日曜日)「フタバから遠く離れて」 舩橋 淳(監督)、井戸川克隆(前双葉町長)、鵜沼友恵(双葉町民)
  • 3月21日(金曜日・祝日)「うたごころ」 榛葉 健(監督)
  • 3月22日(土曜日)「プロジェクトFUKUSHIMA!」 藤井光(監督)
  • 3月23日(日曜日)「内部被ばくを生き抜く」 鎌仲ひとみ(監督)
  • 3月29日(土曜日)「うたうひと」 酒井 耕(監督)、芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)、相澤久美(建築家・プロデューサー)
  • 3月30日(日曜日)「先祖になる」 池谷 薫(監督)、中村政人(わわプロジェクトディレクター)

特別トーク

  • 3月15日(土曜日) 「ジョルジュ・ルース・アートプロジェクトin宮城 アートの後に、はじまったこと」 高平大輔(監督)、千葉伸一(元カフェロワン店主)、高田彩(ビルド・フルーガス)
  • 3月17日(月曜日) 「新しいフクシマをつくる〜福島第一原発観光地化計画〜」 東浩紀(作家、思想家)、井出明(観光学者)、津田大介、(ジャーナリスト、メディア・アクティビスト)、五十嵐太郎(建築史家、建築評論家)

お問い合わせ先

アーツ千代田 3331(外部サイトへリンク)

電話:03-6803-2441、ファクス:03-6803-2442

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?