トップページ > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成26年プレスリリース > 平成26年6月プレスリリース > 平成26年6月19日 江戸時代の朝鮮通信使から学んだ韓国文化~在日本国大韓民国大使館が行う、韓国文化紹介事業~

更新日:2014年6月19日

ここから本文です。

平成26年6月19日 江戸時代の朝鮮通信使から学んだ韓国文化~在日本国大韓民国大使館が行う、韓国文化紹介事業~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

現在、在日本国大韓民国大使館では、東京23区の区民を対象に韓国文化を紹介する事業を実施しています。

千代田区では、江戸時代に行われた朝鮮通信使にスポットをあてます。

さまざまな波乱要素を抱えつつも、基本的に対等な外交関係を保った当時の実情と、盛んに行われた外交・文化交流が相互にもたらした知識・技術・利益から、今日の日本人、韓国人が学ぶことを考えます。

実施概要

日時

平成26年6月27日(金曜日)午後6時~(開場は午後5時30分)

講師

仲尾 宏さん(京都造形芸術大学客員教授)

場所

千代田区役所(九段南1-2-1)4階会議室

対象

50名(申込順)

参加費

無料

申込み

件名「朝鮮通信使講座」、氏名、住所、電話番号を記載し、6月25日(水曜日)までにファクスまたはEメールで下記へお申込みください。

講師紹介

仲尾 宏(なかお ひろし)

1936年生まれ。同志社大学法学部卒業。京都造形芸術大学教授を経て、現在、同大学客員教授。(社)大阪国際理解教育センター理事長、京都市国際交流協会評議員、世界人権問題研究センター研究第三部長ほか。京都市国際交流賞(2000年)、京都新聞大賞(文化学術賞・2007年)を受賞。

著書

「朝鮮通信使と徳川幕府」、「朝鮮通信使をよみなおす~鎖国史観をこえて」、「朝鮮通信使の足跡~日朝関係史論」(以上明石書店)、「京都の渡来文化」(淡交社)、「朝鮮通信使―江戸日本の誠信外交」(岩波新書)ほか多数。

問合せ・申込先

千代田区 国際平和・男女平等人権課
電話:03-5211-4165
ファクス:03-3264-1466
メールアドレス:kokusaidanjo@city.chiyoda.lg.jp

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?