トップページ > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成26年プレスリリース > 平成26年9月プレスリリース > 平成26年9月25日 国際アンデルセン賞受賞記念 上橋菜穂子氏講演会 -辿ってきた(たどってきた)道、そして、いま-

更新日:2014年9月26日

ここから本文です。

平成26年9月25日 国際アンデルセン賞受賞記念 上橋菜穂子氏講演会 -辿ってきた(たどってきた)道、そして、いま-

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

日比谷図書文化館では、「精霊の守り人」「獣の奏者」などで、子どもの本のノーベル賞と称される「国際アンデルセン賞」の作家賞を本年受賞した上橋菜穂子氏を迎えて記念講演会を開催します。

文化人類学の研究も続けながら、作家になるまでに辿ってきた道程について、独自の世界観や想い、異世界の物語をどのように紡いでこられたのか、お話しいただきます。

講演会概要

日時

11月9日(日曜日)午後2時~4時(受付:午後1時30分~)

講師

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)さん(作家・文化人類学者)

会場

千代田区立日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)

参加費

1,000円
高校生以下無料(中高生は当日学生証をお持ちください)

画像:上橋菜穂子講演会ポスター

定員

180名(申込順・定員になり次第締め切り)

申込み

電話(03-3502-3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)のいずれかで、1.講演会名、2.名前(よみがな)、3.電話番号をご連絡ください。

主催

千代田区立日比谷図書文化館

協力

株式会社偕成社

図書展示 上橋菜穂子パネル展

「精霊の守り人」に始まる「守り人」シリーズのパネルを中心に、著書、海外の翻訳版や、上橋菜穂子氏が読んで影響を受けてきた本も展示しています。また上橋氏へのお祝いメッセージコーナーも用意しています。

期間

9月16日(火曜日)~11月16日(日曜日)

場所

千代田区立日比谷図書文化館 2階ホール

写真:上橋菜穂子パネル展

問合せ

千代田区立日比谷図書文化館(電話番号:03-3502-3340)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?