トップページ > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成26年プレスリリース > 平成26年9月プレスリリース > 平成26年9月30日 最大24,351人の受入可能に~新たに5団体と帰宅困難者等受入協定を締結~

更新日:2014年9月30日

ここから本文です。

平成26年9月30日 最大24,351人の受入可能に~新たに5団体と帰宅困難者等受入協定を締結~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

写真:協定締結の様子1

平成25年に「千代田区災害対策事業計画」で目標としていた千代田区の帰宅困難者等受入可能人数を達成した千代田区は、本日(9月30日(火曜日))、新たに区内事業所等5団体と災害時の帰宅困難者等受入協定を締結しました。

東日本大震災の際には交通機関のマヒなどにより、区内でも多くの帰宅困難者が発生しました。また、東京都による被害想定で千代田区は、首都直下型地震が発生した場合、最大震度6強、在勤・在学者等の帰宅困難者が50万人発生すると予測されています。

そのため千代田区は、行き場のない帰宅困難者等の受け入れのため、これまで区内10大学・27事業所の計37団体と帰宅困難者等受入協定を締結し、平成25年「千代田区災害対策事業計画」で目標としていた帰宅困難者等受入可能人数20,000人を達成しました。

今回の協定締結等では新たに3,797人の受け入れが可能となり、最大で24,351人が受入可能となりました。今後も行き場のない帰宅困難者等の受け入れのため受入可能人数を増やしていく予定です。

写真:協定締結の様子2

写真:協定締結の様子3

写真:協定締結の様子4

写真:協定締結の様子5

今回新たに協定を締結した事業所等

  1. 飯田橋グラン・ブルーム管理組合
  2. 一般社団法人学士会
  3. 株式会社サンケイビル
  4. 日本郵便株式会社
  5. プラットフォームサービス株式会社

新たに協定を締結した事業所の声

今回の協定締結をきっかけに社員全体の防災意識が高められるとともに、日頃から行政等と情報交換をし、何か起きた時は連携して地域の安全・安心に務めていきたい。

問い合わせ

千代田区防災・危機管理課(電話番号:03-5211-4187)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?