更新日:2014年10月9日

ここから本文です。

平成26年10月9日 猫の譲渡会を開催します

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

写真:猫のイメージ

千代田区では、ボランティアと保健所が協働で「飼い主のいない猫」を一時保護して、去勢・不妊手術を行い、元の場所に戻して、「地域猫」として見守っていく“TNR”(Trap,Neuter,Return)を実施しています。飼い主のいない猫の繁殖を抑え、地域環境の向上と動物愛護の推進につなげようという取り組みです。

同時に、住民と在勤者のボランティア・グループ「ちよだニャンとなる会」が中心となり、子猫や若い猫など、家庭での暮らしに順応しやすい猫に家族を見つけて譲渡する活動も進められています。

TNRと保護・譲渡によって、千代田区では、2011年、全国で初めて、猫の「殺処分ゼロ」を実現。現在でも殺処分ゼロを維持しています。千代田区で保護された猫が、東京都動物愛護相談センターで取り扱われることはありません。

このたび区がちよだニャンとなる会を支援して、猫の譲渡会が開催される運びとなりました。猫を飼ってみたいという方がいらっしゃいましたら、ぜひご参加ください。

日時

平成26年10月19日(日曜日)12時から午後4時まで

場所

岩本町ほほえみプラザ(岩本町2-15-3) 1階多目的ホール

詳細(実施方法等)

  • 譲渡会は、獣医師の監修のもとで、猫に極力ストレスを与えないよう運営します
  • 譲渡対象は、生後2か月から6歳程度までの猫35頭(予定)です
  • ワクチン接種、駆虫、ウィルス検査、去勢・不妊手術済みです
  • 譲渡会参加および猫の譲渡にかかる費用はありません
  • 譲渡会への参加は事前申込制。メール(chiyodanyan28@gmail.com)または電話(090-1997-1630)で、1.氏名、2.住所、3.電話番号、4.家族構成、5.年齢、6.猫の飼育歴を伝えて申し込んでください
  • 譲渡会当日は、面会のみです。譲渡が決まったら、後日、お届けします。譲渡のご希望・ご相談からお届けまで、ボランティアが対応します。
  • 猫は20歳くらいまで生きます。終生、責任を持ってお世話できる方に譲渡されます。
  • 譲渡するエリアは、東京とその近郊です。
  • ちよだニャンとなる会では、飼育方法を守っていただける方に譲渡しています。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ先

千代田保健所地域保健課
電話番号:03-5211-8164

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?