トップページ > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成27年プレスリリース > 平成27年3月プレスリリース > 平成27年3月5日 東京国立近代美術館×日比谷図書文化館展覧会への入口講座Vol.14 ここが面白い!片岡球子の人と作品

更新日:2016年8月23日

ここから本文です。

平成27年3月5日 東京国立近代美術館×日比谷図書文化館展覧会への入口講座Vol.14 ここが面白い!片岡球子の人と作品

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

千代田区立日比谷図書文化館では、4月7日(火曜日)から東京国立近代美術館で開催される「生誕110年 片岡球子展」の関連講座を行います。日本画家・片岡球子(1905-2008年)の、約80年にわたる画家人生と作品を、数々のエピソードや作成の裏側を交えてご紹介します。戦後の日本画家でひときわ目を引くエネルギッシュで個性的な画風がどのようにして生まれたのか、その秘密に迫ります。

画像:面構 葛飾北斎
《面構 葛飾北斎》1971(昭和46)年 神奈川県立近代美術館

日時

平成27年4月9日(木曜日)午後7時~8時30分(午後6時30分~受付)

場所

地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)

参加費

1,000円(千代田区民500円)

定員

200名(申込順)

申込方法

電話番号:03-3502-3340、メールアドレス:college@hibiyal.jp、来館(1階受付)いずれかにて、1.講座名、2.お名前(よみがな)、3.電話番号をご連絡ください。

注意:当日、千代田区民の方は住所が確認できるものをお持ちください。

講師

中村麗子(なかむられいこ)東京国立近代美術館主任研究員

1976年生まれ。専門は日本近代美術史。同館にて「上村松園展」(2010年)、「竹内梄鳳展」(2013年)を企画。著書に「もっと知りたい 竹内梄鳳展」(平野重光監修、吉中充代共著、2013年、東京美術)、「もっと知りたい 片岡球子」(土岐美由紀共著、2015年3月下旬、東京美術)

画像:山(富士山)
<山(富士山)> 1967(昭和42)年 北海道立近代美術館

展覧会への入口講座とは

展覧会への入口講座

美術館や博物館で開催中の展覧会を中心に、作品の背景や作家の思いなど展覧会を手掛けたプロをお迎えして今までとは違った1歩踏み込んだ楽しみ方をお届けする講座です。

本件お問い合わせ先

千代田区立日比谷図書文化館
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4
電話番号:03-3502-3340
ファクス:03-3502-3341
メールアドレス:namiki-yuri@shopro.co.jp/nakazawa-hiroyuki@shopro.co.jp

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?