トップページ > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成27年プレスリリース > 平成27年3月プレスリリース > 平成27年3月7日 世界の友達とクッキング~こんなごはん知らなかった~

更新日:2015年3月9日

ここから本文です。

平成27年3月7日 世界の友達とクッキング~こんなごはん知らなかった~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

写真:外国人スタッフと料理する子供たちの様子九段生涯学習館は、世界の料理を作ったりゲームをしたりして楽しく異文化交流ができる「世界の友達とクッキング~こんなごはん知らなかった~」を3月7日(土曜日)、区立スポーツセンター7階料理教室で開催し、16組34人の親子が参加しました。迎える外国人スタッフは、パキスタン、コロンビア、ウガンダ、ポーランド、ギリシャの5か国から1人ずつ参加し、各国自慢の料理を作りました。

はじめに、受付の際に手渡された国旗の一部が記載されたカードを持って、外国人スタッフに自己紹介を行い、国旗のマークが外国人スタッフと同じであれば一緒に料理を作るパートナーとなる自己紹介ゲームを行いました。

写真:外国人スタッフと料理する子供たちの様子2その後は、各テーブルに分かれて、さっそく料理に挑戦。

作られた料理は、ポーランドで子どもに大人気な「ポーランド風ミニパンケーキ」や、ギリシャ料理で定番の「ギリシャ風ディップ」など6種類。

参加した子どもたちは、慣れない手つきながらも、野菜を刻んだり、きゅうりをすりおろしたりと、熱心に料理に取り組んでいました。料理の途中で味見をした子どもたちからは「不思議な味」「表現できない味」との声も聞こえました。

最後のバイキング形式の試食会では、自分たちが作った料理やほかのグループが作った世界の料理に舌鼓を打ちながら、普段あまり話す機会のない外国人とも会話が弾み、参加した親子は楽しいひと時を過ごしていました。

参加者の声

区内小学校4年生の児童(女子)

「自分で作った料理は本当においしかった。日本でも揃う食材が多かったから、今度自分でも作ってみたい。学校で習った英語でも少し会話ができてよかった」

外国人スタッフのマルタさん(ポーランド)

「日本の文化が好きで日本に来ました。今日こうやって日本の子どもたちと触れ合うことができて本当によかったし、とても楽しかった」

お問い合わせ

九段生涯学習館 企画広報(電話番号:03-3234-2841)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?