トップページ > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成27年プレスリリース > 平成27年3月プレスリリース > 平成27年3月11日 千代田区内のミュージアムの展覧会を、千代田図書館で学べます

更新日:2015年3月11日

ここから本文です。

平成27年3月11日 千代田区内のミュージアムの展覧会を、千代田図書館で学べます

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

千代田図書館は、千代田区内のミュージアムと連携して、ミュージアムで開催する展覧会の解説セミナーを展覧会開催に合わせて開催しています。来月(4月)には、「神田明神資料館」と「相田みつを美術館」で行われる展覧会をより楽しむためのセミナーを行います。ぜひご覧ください。

1.「大江戸・神田祭~神田祭の博物誌~」展

神田明神はかつて大手町・将門塚周辺に祀られていました。それが400年前の元和3年に徳川幕府による江戸城拡大計画により、現在の外神田へ遷座しました。そして今年5月9日・10日には、遷座400年を記念した神田祭が大々的に行われます。それに伴い、神田明神資料館では、神田祭や江戸祭礼に関する絵巻物、ポスター、古写真など、江戸から現在までの神田祭の資料を展示する「神田祭の歴史と今」を開催しています。本セミナーでは、神田明神権禰宜の岸川雅範さんが展示について詳しくご説明くださいます。

日時

平成27年4月8日(水曜日)午後6時30分~午後8時まで(開場:午後6時)

場所

千代田区役所4階=401会議室

定員

事前申込制、先着順 50名

注釈:千代田区立図書館の利用登録は不要

参加費

一般 500円、千代田区民 300円

注釈:神田祭ガイドブックと展覧会チケット付き

講師

岸川雅範さん(神田神社権禰宜)

2.相田みつを美術館「花はただ咲く」展

相田みつを作品は、どの作品も、「人間のわたし」という視点から書かれていると言ってもいいでしょう。その対極にあるのが、「ただ」という言葉です。何の見返りも求めず、何の駆け引きもなく、「ただ」いのちいっぱいに生きていく。そういう純粋な世界への強烈なあこがれがどの書にも表れています。相田みつを美術館では、「ただ」をキーワードに、企画展「花はただ咲く」が開催されます。本セミナーでは、展示作品をスライドでご覧いただきながら、同館館長の相田一人さんが相田みつをの世界を掘り下げてお話くださいます。

日時

平成27年4月15日(水曜日)午後2時~午後3時30分まで(開場:午後1時30分)

場所

千代田図書館10階特別イベントスペース

定員

20名 事前申込制、先着順

注釈:千代田区立図書館の利用登録は不要

参加費

一般 500円、千代田区民 300円

注釈:展覧会チケット付き

講師

相田一人さん(相田みつを美術館館長)

申込方法

1. 3月20日(金曜日)午前10時から受付開始

2. 3月24日(火曜日)午前10時から受付開始

電話番号(03-5211-4289)または来館(千代田図書館10階カウンター)、千代田区立図書館ホームページにより申し込む

注釈:電話と来館での受付は、月曜日~金曜日(祝日を除く)午前10時から午後6時まで

お問い合わせ

千代田図書館広報担当(電話番号:03-5211-4288)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?