• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成28年プレスリリース > 平成28年11月プレスリリース > 平成28年11月21日 ポコラート全国公募vol.7 個性あふれる作品とワークショップ企画等の募集を開始します

ここから本文です。

更新日:2016年11月21日

平成28年11月21日 ポコラート全国公募vol.7 個性あふれる作品とワークショップ企画等の募集を開始します

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

千代田区とアーツ千代田3331は、今年も「ポコラート全国公募vol.7」を実施することとし、平成28年12月1日(木曜日)~平成29年年2月11日(土曜日・祝日)の期間、作品とワークショップ・パフォーマンス等の企画を募集します。

ポコラート全国公募は、障がいの有無や年齢、経験、ジャンルを問わず参加できる自由な表現の場として2010年にスタートし、今年で7回目になります。今回から、従来の「ワークショップ部門」が名称を新たにし、「形にならない表現部門」となりました。絵画として額に収まりきらない作品、彫刻として展示台にのらない作品、身体や音を使った表現、アクションやパフォーマンスなどを対象とします。

ポコラート(POCORART)とは、「Place of “Core + Relation ART”=障がいのある人、ない人、アーティストが、核心の部分で相互に理解し合う場」という理念を示します。

開催概要

募集期間

平成28年12月1日(木曜日)~平成29年2月11日(土曜日・祝日)必着

募集内容

作品部門

平面、立体、映像、ドローイングブック、文芸作品などジャンル問わず1人3作品まで

形にならない表現部門

身体を使った表現や音を使った表現など、形にならないさまざまな表現を幅広く募集。1人3作品まで

応募料

無料

注釈:ただし、応募書類・作品資料の送付料や、作品搬入出の運搬費用は応募者負担です。

応募作品一挙公開・作品審査

平成29年3月3日(金曜日)~5日(日曜日)

会場

アーツ千代田3331 2階体育館

審査員

作品部門

堀浩哉(美術家、多摩美術大学名誉教授)、箭内道彦(クリエイティブディレクター、東京藝術大学美術学部デザイン科准教授)、藪前知子(東京都現代美術館学芸員)、藤浩志(美術家、秋田公立美術大学教授)、中村政人(アーツ千代田3331統括ディレクター)

形にならない表現部門

大月ヒロ子(IDEA,INC代表取締役)、藤浩志、中村政人

主催

千代田区、アーツ千代田3331(企画・制作 アーツ千代田3331)

お問合せ

ポコラート全国公募事務局(電話番号:03-6803-2441)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?