• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成29年プレスリリース > 平成29年9月プレスリリース > 平成29年9月4日 区立神田一橋中学校が北朝鮮ミサイル発射実験を受け、Jアラート避難訓練を行いました

ここから本文です。

更新日:2017年9月4日

平成29年9月4日 区立神田一橋中学校が北朝鮮ミサイル発射実験を受け、Jアラート避難訓練を行いました

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

写真:神田一橋中学校でのJアラート避難訓練の様子区立神田一橋中学校(千代田区一ツ橋2-6-14 校長:太田耕司)は、本日(9月4日)、Jアラート避難訓練を実施しました。

この訓練は、8月29日の北朝鮮による弾道ミサイル発射実験を受けて学級活動(学活)の時間を利用して行われたものです。

午前9時15分、全館放送で避難指示を実施し、地下1階の多目的ホールと礼譲館(注釈)に全校生徒1年生~3年生237人が避難するまでにかかった時間は3分7秒、確認が終了するまでに4分30秒かかり、訓練中は教員から生徒へ「緊張感を持って!」と声掛けされる場面もありました。

太田耕司校長は、生徒に対して「8月29日の発射実験では、Jアラートで警報が出てから日本上空を通過するまでおよそ4分。今日の訓練にかかった時間でぎりぎりだった。万が一何かが起こった時には、今日の行動をとるんだということを理解してほしい。冷静にできるだけ早く地下まで下りてくることが、自分の身を守る行動であることを理解してほしい」と話しました。

終了後、太田耕司校長は、「今日は、スピード感を持って避難できるよう心掛けた。一度訓練して体感しておくのとしないのとでは大きく違う」と話してくれました。

(注釈) 礼譲館とは、区立神田一橋中学校の地下1階にある部屋の名前です。本日は、1年生~2年生が礼譲館に、3年生が多目的ホールに避難しました。

お問い合わせ

千代田区立神田一橋中学校(電話番号:03-3265-5961)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道主査

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?