• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成29年プレスリリース > 平成29年11月プレスリリース > 平成29年11月6日 日比谷カレッジ がんと医薬とノーベル賞

ここから本文です。

更新日:2017年11月6日

平成29年11月6日 日比谷カレッジ がんと医薬とノーベル賞

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

抗がん剤の進歩により、「不治の病」というがんのイメージは近年ずいぶん変わりつつあります。しかしその反面、超高額な医療費といった、思わぬ問題も出てきました。2015年のノーベル生理学・医学賞は、アフリカ大陸で猛威をふるう「オンコセルカ症」(河川盲目症)から数億人以上の患者を救ったという、寄生虫の治療薬「イベルメクチン」の開発者、大村智博士に与えられました。

実用的な医薬品に関するノーベル賞は出難いとも言われ、医薬品開発に贈られる「ノーベル生理学・医学賞」は実に27年ぶりとなりました。期待された新薬が、数十年後に重大な副作用を持つものであることが発覚する「評価のゆらぎ」が、長年医薬品開発者に授与されなかった大きな要因となります。本講座では、現代の製薬企業の方針に関する諸問題や、薬価高騰問題、大村博士がノーベル賞を受賞した理由とその意義について、元医薬研究者の立場から読み解き、考えてきます。

講師

写真:講師の佐藤 健太郎さん佐藤 健太郎(サイエンスライター)

茨城県出身。東京理科大学、東京工業大学大学院(修士)卒業の後、国内の製薬企業で医薬品研究に携わる。そのかたわら、ウェブサイト「有機化学 美術館」を立ち上げ、化学に関する情報を発信してきた。2007年に退職、独立してサイエンスライターとなる。2009年より3年間、東京大学理学系研究科化学専攻にて特任助教(広報担当)に就任、東大の化学系の研究内容発信に携わった。現在は再びフリーの立場で、化学・医薬関連の記事・書籍執筆を行っている。2010年科学ジャーナリスト賞、2011年第1回化学コミュニケーション賞(個人)を受賞。著書に「医薬品クライシス」「炭素文明論」(いずれも新潮社)、「医薬品とノーベル賞―がん治療薬は受賞できるのか?」「ふしぎな国道」「世界史を変えた薬」(いずれも講談社)など。

開催概要

日時

11月27日(月曜日)午後7時~8時30分(午後6時30分開場)

会場

日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)

定員

200名(事前申込順、定員に達し次第締切)

参加費

1,000円(千代田区民500円 住所が確認できるものをお持ちください。)

申込方法

来館(1階受付)、電話番号(03-3502-3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)いずれかにて、1.講座名、2.お名前(ふりがな)、3.電話番号をご連絡ください。

お問い合わせ

千代田区立図書館 広報室(電話番号:03-3502-3342<日比谷図書文化館>)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道主査

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?