トップページ > 区政 > 広報 > 千代田区 戦略広報サマリー(PESO時代の広報紙づくり)

更新日:2023年12月5日

ここから本文です。

千代田区 戦略広報サマリー(PESO時代の広報紙づくり)

画像:広報紙とホームぺージから新聞、さらにSNSへとつながった特集の企画例となった紙面1

画像:広報紙とホームぺージから新聞、さらにSNSへとつながった特集の企画例となった紙面2

PESO(PESOモデル)

「PESO(PESOモデル)」とは、トリプルメディアと言われるオウンドメディア(Owned Media)/例:広報紙・ホームぺージ、アーンドメディア(Earned Media)/例:テレビ・新聞、ペイドメディア(Paid Media)/例:広告の3つのメディアに加えて、新たにシェアードメディア(Shared Media)/例:SNSを加えた4つのメディアの総称で、従来のトリプルメディアに代わるWeb社会での広報メディアとされています。

それぞれのメディアに強みと弱みがあり、発信のタイミングや施策の内容により、メディアの選択や組み合わせを行うことが必要となります。「産後うつ」を取り扱った上記紙面は、広報紙とホームぺージから新聞、さらにSNSへとつながった特集の企画例になります。

AISASと広報紙デザインの関係

「AISAS」とは、Web社会での情報の受け手の、認知(Attention)・関心(Interest)・検索(Search)・行動(Action)・共有(Share)という行動の流れを指します。

広報千代田ではリニューアル後、読者の行動(Action)につながる入口となる認知(Attention)と関心(Interest)を重視した紙面づくりを行っています。上記の紙面例とあわせ、下記PDF(広報千代田/リニューアル後のサマリー)でご紹介しています。

行政視察のご案内

広報活動に関する行政視察についてのご案内となります。お気軽にお問い合わせください。

受入対象

自治体、議会等の公共団体

案内内容

  • 広報DXに関すること(情報収集・分析システムと活用事例)
  • 集客、啓発などの戦略PR事例(広報企画)の進め方に関すること
  • PESO時代の広報紙づくりに関すること
  • 区内ツアー(要相談)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?