• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > 映像広報 > 映像広報「わがまち千代田」とは > 過去に放送した番組(372号<平成25年度>~404号<平成29年9月>)

ここから本文です。

更新日:2017年11月6日

過去に放送した番組(372号<平成25年度>~404号<平成29年9月>)

映像広報「わがまち千代田」 No.404

No.404 聖火が区内を走った!~Olympic Games Tokyo 1964~

画像:キャプチャ

今回の映像広報わがまち千代田は、1964年東京オリンピックの聖火リレーに注目。当時の聖火リレーのコースから、千代田区の街の変化を5人の語り手とともに追いかけます。ぜひご覧ください!

映像広報「わがまち千代田」 No.403

江戸の華!神田祭

画像:キャプチャ今回の映像広報わがまち千代田は「神田祭」特集!

厳かな「神幸祭」に楽しげな「附け祭」、熱気あふれる「神輿宮入」と盛りだくさん!大人から子どもまで威勢の良い掛け声で盛り上がります!ぜひご覧ください!

映像広報「わがまち千代田」 No.402

千代田落語切絵図 ~三方一両損の巻~

画像:キャプチャ

今回の映像広報「わがまち千代田」は、法政大学落語研究会の学生が再登場!

落語「三方一両損」をテーマに、区内を散策しながら、江戸時代の人々の暮らしや近代司法への変遷を紐解きます。

どうぞお楽しみください。

映像広報「わがまち千代田」 No.401

地域で活躍する消防団

画像:キャプチャ

今回は、地域で活躍する消防団特集。
地域の防災リーダーとして、強い使命感を胸に、区民の生活を守る消防団の活動を映像でお届けします。どうぞお楽しみください!

映像広報「わがまち千代田」 No.400

千代田区落語切絵図 ~「千両みかん」の巻~

画像:キャプチャ

今回の映像広報「わがまち千代田」では、法政大学落語研究会の学生がレポーターに挑戦!

「落語が上手くなりたい。」

そんな思いで、落研の学生が、落語「千両みかん」の舞台である「神田青果市場」の縁の地を散策。市場の歴史を良く知る方々と交流しながら、神田青果市場の歴史を紐解きます。

どうぞお楽しみください!

映像広報「わがまち千代田」 No.399

麹町中学校報道局映像制作ドキュメンタリー

キャプチャ画像

今回の映像広報「わがまち千代田」では、麹町中学校報道局の生徒が、映像広報の制作に挑戦する様子をドキュメンタリーで紹介します!

報道局の生徒が試行錯誤しながら番組の企画を考えてプレゼンテーションする様子やでき上がった映像を見た全校生徒の反応など、短編動画ではお伝えできなかったシーンをどうぞお楽しみください!

映像広報「わがまち千代田」 No.398

第54回千代田区民体育大会

画像:キャプチャ

今回の映像広報は、第54回千代田区民体育大会特集!

およそ8,000人の出場選手と観客が会場を埋め尽くした秋の一大イベント「千代田区民体育大会」。8つ連合町会が、栄誉ある優勝旗をめぐって繰り広げる熱戦を、皆さまの‘笑顔’とともに映像でお届けします。どうぞお楽しみください!

映像広報「わがまち千代田」 No.397

経済と環境が調和するまち ~環境モデル都市千代田区~

キャプチャ画像

今回の映像広報「わがまち千代田」は、環境特集!

日本の経済の中心である千代田区で、区民・行政・事業者が一体となって環境問題に取り組む様子を紹介します。

今回の見どころは、「ちよだ・つま恋の森づくり植樹ツアー」で、環境教育に取り組む様子や最先端の技術を駆使したお濠の水の浄化システムです。ぜひお楽しみください!

映像広報「わがまち千代田」 No.396

豪壮華麗な天下祭 ~平成28年 山王祭~

キャプチャ画像

映像広報 わがまち千代田 396号は、山王祭特集!
山王祭のハイライト「優雅で華やかな神幸祭」や「豪快に男坂をあがる連合宮入」を映像でお届けします。
今回の見どころは、お祭りを支える地域のみなさん!
縁の下の力持ちである女性部の活躍や伝統を受け継ぐ麹町囃子を紹介します。
ぜひお楽しみください。

映像広報「わがまち千代田」 No.395

平成27年度 親しみやすい千代田区~総集編~

キャプチャ画像

毎月制作している短編映像広報「親しみやすい千代田区」。
今回のわがまち千代田は、「親しみやすい千代田区」の総集編。平成27年度に行われた地域イベントなどを紹介します。どうぞお楽しみください。

映像広報「わがまち千代田」 No.394

地方との共生

キャプチャ画像

東京の真ん中に位置する千代田区。政治・経済に必要な人・もの・情報・エネルギーがたくさん集まっています。でもそれらのほとんどは、全国各地の生産者に支えられていることを忘れることはできません。
今回のわがまち千代田では、「千代田区の人」と「地方の人」を結ぶに人に焦点を当て、千代田区と地方との共生について考えます。どうぞお楽しみください。

映像広報「わがまち千代田」 No.393

高齢者総合サポートセンター「かがやきプラザ」

キャプチャ画像

今回のわがまち千代田では、平成27年11月にオープンした高齢者総合サポートセンター「かがやきプラザ」を紹介。安心と笑顔の拠点「かがやきプラザ」。利用する方々の活き活きとした様子を映像でお届けします。どうぞお楽しみください。

映像広報「わがまち千代田」 No.392

広重が描いた千代田区~神田地区編~

キャプチャ画像

「東海道五十三次」などで知られる江戸末期の絵師 歌川広重による「名所江戸百景」。
その中で、江戸時代の千代田区を独特なタッチで描いた作品があります。
今回のわがまち千代田では、その作品にスポットをあて、現在の風景と当時の風景を比べながら、歴史ある千代田区の魅力をお伝えします。どうぞお楽しみください。

映像広報「わがまち千代田」 No.391

広重が描いた千代田区~麹町地区編~

キャプチャ画像

「東海道五十三次」などで知られる江戸末期の絵師 歌川広重による「名所江戸百景」。
その中で、江戸時代の千代田区を独特なタッチで描いた作品があります。

今回のわがまち千代田では、その作品にスポットをあて、現在の風景と当時の風景を比べながら、歴史ある千代田区の魅力をお伝えします。どうぞお楽しみください。

映像広報「わがまち千代田」 No.390

第53回千代田区民体育大会

キャプチャ画像

「わがまち千代田No.390」は、「第53千代田区民体育大会」特集です。

今年も大いに盛り上がった区民体育大会。当日の臨場感あふれる様子をお楽しみください。

映像広報「わがまち千代田」 No.389

千代田区をもっと知ろう ~フリーペーパー「チヨモ」ができるまで~

キャプチャ画像

みなさん、今年のスタンプカードをもう使ってみましたか?
スタンプカード事業を紹介する冊子「チヨモ」。その特徴は、学生が制作に携わって、その視点から区の魅力を紹介していること。

今回のわがまち千代田では、「チヨモ」の制作を通じ、地域と繋がっていく学生の様子に密着しました。ぜひご覧ください。

映像広報「わがまち千代田」 No.388

受け継がれる江戸の粋「神田祭」

キャプチャ画像

今号では江戸三大祭の1つに数えられる「神田祭」をご紹介します。
2年に一度の本祭りが行われ、興奮に包まれた今年の神田祭。神幸祭で氏子町会を巡る、500メートルもの絢爛豪華な大行列や、氏子たちの熱気あふれる雄壮な神輿宮入は必見です。さらには、子ども神輿や地方との交流イベントなど、地域のイベントもあわせて紹介します。
また、神田明神資料館で開催された特別企画展「大江戸・神田祭~神田祭の博物誌~」を番組途中で紹介しています。ぜひご覧ください。

映像広報「わがまち千代田」 No.387

さくらに染まる千代田の春「昔も今もこれからも」

キャプチャ画像

都内でも有数のさくらの名所が多い千代田区。
毎年春には約3,000本ものさくらが区内を彩ります。
しかし、近年、老齢化の問題や病害虫による被害など、衰退・枯死しているさくらも見受けられます。
そこで今回の番組は、約3,000本のさくらが咲き誇る千代田の春を支え、さくらを次世代に引き継ぐための活動や平成27年で発足10周年を迎える「さくらサポーター」等を紹介します。

映像広報「わがまち千代田」 No.386

子育て中のお母さん・お父さんを応援「子育て応援ガイドブックを利用しよう」

キャプチャ画像

親にとって子どもの成長は何ものにも代え難い喜びです。一方で大切に育てようという子育てに関する不安や悩みは、だれもが抱えています。

区は、子どもを産み育てたいと願う人たちが、安心して出産し子育てができる社会の実現をめざし、さまざまな子育て支援施策に取り組んでいます。

そこで今回の番組は「千代田区子育て応援ガイドブック」に紹介している「隙間を埋める」さまざまな保育サービスや悩み相談・情報共有の場について紹介します。仲間作りや気分転換のヒントになるこの番組を、子育ての手助けとしていただければと思います。

画像:2014子育て応援ガイドブック表紙
子育て応援ガイドブック

映像広報「わがまち千代田」 No.385

第52回区民体育大会

キャプチャ画像

10月19日、年に1度のスポーツの祭典、千代田区民体育大会が抜けるような秋晴れのもと開催されました。

のべ8,000人の出場選手・観客が会場の外濠公園総合グラウンドを埋め尽くし、区内8つの連合町会が栄誉ある優勝旗をめぐって争います。

クライマックスの地区別対抗リレーをはじめ、玉入れ、綱引きなどの得点種目では、どの選手も地元の期待を背負ってハッスル・ハッスル。応援席も盛り上がります。また、小さなお子さんからお年寄りまで自由に参加できる種目や民踊では、当日のお天気のような笑顔であふれていました。地域の結びつきが強い「千代田区だからこそ」実現できる区民体育大会。ぜひご覧ください。

映像広報「わがまち千代田」 No.384

あなたの気持ちが地域のチカラに「地域で始めるボランティア」

キャプチャ画像

高齢者へのサポート、被災地の支援など、今日ボランティア活動へのニーズが高まっています。384号では、人と人との絆づくりが求められるボランティアの現場を学生・企業・元気な高齢者などさまざまなボランティア活動をとおしてご紹介します。

番組をご覧になってボランティアに少しでも興味をもった方は「ちよだボランティアセンター(電話番号:03-5282-3716)へご連絡ください。

あなたに合ったボランティア活動を見つけてみてはいかがでしょうか。

映像広報「わがまち千代田」 No.383

坂本龍馬ら 幕末維新の足跡を辿る

キャプチャ画像

江戸時代から千代田区は、政治・経済・学問の中心地としてにぎわいを見せていました。383号では、千代田区で今もなお幕末維新の面影が残っている場所を訪ねながら、坂本龍馬ら幕末維新の主役に躍り出る志士たちの足跡を辿ります。番組内では案内役として、歴史的な知識をもとにして日本人・外国人にガイドを行っている「江戸東京ガイドの会」の渡辺さんにご案内していただいています。ぜひご覧ください。

映像広報「わがまち千代田」 No.382

二松學舍大附 悲願の夏の甲子園初出場

キャプチャ画像

春の甲子園には4度出場し、1982年には準優勝の経験ある強豪校の二松学舎大学附属高校。しかし、夏の地区大会はこれまで10度決勝に進出するもいずれも甲子園への切符を逃してきました。平成26年7月29日、そんな二松学舎大学附属高校が、遠かったあと1勝を延長戦の末ようやく手に入れました。382号では、区内でも約30年ぶりに甲子園出場が決まった二松学舎大学附属高校を応援するため、地域が盛り上がっている様子を紹介します。ぜひご覧ください。

映像広報「わがまち千代田」 No.381

伝統の天下祭「山王祭」

キャプチャ画像

今号では伝統の天下祭「山王祭」をご紹介します。

江戸三大祭の1つに数えられる山王祭。今年は待ちに待った2年に一度の本祭りです。

「だだっ広いが山王様」と言われる、東京一広い氏子地域を華麗に巡行する神幸祭の様子や、お神輿を担ぎ上げ53段ある石段を勇壮に駆け上がる宮入の様子をぜひご覧ください。

また、アーツ千代田3331で開催された特別企画展「天下祭と山王さん」の関連イベントを番組途中で紹介していますので、あわせてお楽しみください。

映像広報「わがまち千代田」 No.380

地域の身近な相談相手 民生委員・児童委員

キャプチャ画像

民生委員・児童委員は、地域の方々が抱える問題や要望を把握し、皆さんの立場に立って相談や助言を行っています。380号では、そんな民生委員・児童委員の日々の活動や、委員としてのやりがいなどを紹介します。

生活環境の変化に伴って、地域社会のつながりも変わりつつあるなか、民生委員・児童委員が身近でとっても頼りになる相談相手であるということを番組をご覧になって感じてください。

映像広報「わがまち千代田」 No.379

ちよだ・お散歩日和

キャプチャ画像

千代田区には、おススメの観光コース・お散歩コースがたくさんあります。何度訪れても新しい発見を楽しんでいただけるように、麹町地区と神田地区のお散歩コースを371号から毎号3分程度リポーターが紹介してきました。

そんな「ちよだ・お散歩日和」の6つのエリアを、映像広報わがまち千代田379号では、一挙大公開します。

知っているようで知らない東京の真ん中。映像をご覧になって日本の真ん中を一緒に散歩してみませんか。

映像広報「わがまち千代田」 No.378

帰宅困難者対応訓練~まずは身を守る・あわてて帰宅しない~

キャプチャ画像

地震発生時、自分たちはどこにいるかわかりません。家の中、会社、学校、買い物中など、さまざまです。

約82万人もの昼間区民を抱える千代田区では、首都圏直下型地震が発生した場合、約50万人もの帰宅困難者が発生すると想定されています。

今号では、3月に実施され、約1,000人が参加した帰宅困難者対応訓練の様子と併せて、区の防災対策や、帰宅困難者受入施設の取り組み、事業者の備蓄状況等をご紹介します。

東日本大震災から3年が経過した今、再度、防災対策を見直しませんか。

ちよだ・お散歩日和(番町周辺エリア)

キャプチャ画像

千代田区には、おススメの観光コース・お散歩コースがたくさんあります。何度訪れても新しい発見を楽しんでいただけるように、麹町地区と神田地区のお散歩コースを371号から毎号3分程度リポーターが紹介しています。

最終回の今回は、番町周辺エリアをご紹介します。日露戦争の英雄、東郷平八郎元帥の邸宅があった「東郷元帥記念公園」。東郷元帥は、昭和9年に88歳で亡くなるまで、ここに住んでいました。今では、ブランコやすべり台などの遊具や介護予防に役立つ健康遊具が置かれ、老若男女の憩いの場となっています。みなさんもぜひ歩いてみてくださいね。

映像広報「わがまち千代田」 No.377

千代田の生き字引が語る麹町の変遷(後編)

キャプチャ画像

377号は、376号に引き続き古老による麹町昔語りをお送りします。376号では、主に幸三郎さんの少年時代や麹町の風俗を紹介しましたが、今号では主に幸三郎さんが遭遇した歴史的事件(関東大震災、2・26事件、東京山の手大空襲等)についてご紹介します。前編に引き続き見ごたえたっぷりの14分です。この番組でしかわからない臨場感あふれる映像をぜひご覧になってください。

映像広報「わがまち千代田」 No.376

千代田の生き字引が語る麹町の変遷(前編)

キャプチャ画像

366号と377号は、麹町界隈の移り変わりをおよそ100年にわたって見つめてきた、古老による麹町昔語りを2号続けてご紹介します。根岸幸三郎さんは大正4年生まれで、100年前の麹町を知る歴史の生き証人です。前編では、そんな根岸さんの少年時代や麹町の風俗などについてお話しいただきます。ぜひ番組をご覧になって、今では想像もできない千代田区の歴史を感じてください。

映像広報「わがまち千代田」 No.375

ポコラート全国公募展vol.4

キャプチャ画像

「ポコラート全国公募」は、障がいのある人、ない人、アーティストによる自由な表現の場を生み出すべく2011年よりスタートした全国公募です。4回目となる今年の「作品部門」では、実物審査を取り入れ、応募作品1193点を全て展示・公開し、来場者投票も行いました。375号では、その中より選出されたパワフルで挑戦的な作品252点がメインギャラリーを埋め尽くしている様子や、ワークショップ部門の「描く・つくる」だけでなく「さわる・聴く・動かす・感じる」などの、さまざまな感覚を刺激する表現活動の様子もご紹介します。障害のある人、ない人、アーティストが境界を越えて刺激を与え合うポコラートだからこそ出会える表現活動の数々を、ぜひご覧ください。

成人の日のつどい

キャプチャ画像

1月13日(成人の日)に、ホテルニューオータニで行われた「成人の日のつどい」の様子を紹介します。

晴れ着やスーツ、はかま姿などに身を包んだ新成人で華やかな雰囲気に包まれている様子や、新成人代表の二十歳の宣言など、見ごたえたっぷりの成人式をぜひご覧ください。

ちよだ・お散歩日和(麹町周辺エリア)

キャプチャ画像

千代田区には、おススメの観光コース・お散歩コースがたくさんあります。何度訪れても新しい発見を楽しんでいただけるように、麹町地区と神田地区のお散歩コースを371号から毎号3分程度リポーターが紹介します。375号は、麹町周辺エリアをご紹介します。江戸の面影がいまだに残っている麹町周辺地域。そんな中でも、清水谷公園内にある大久保利通哀悼碑や、江戸時代に開発された玉川上水の一部だった玉川上水の石枡等をご紹介します。紹介したお散歩ルートを歩いて、江戸の面影に触れる散歩に出かけてみませんか。

映像広報「わがまち千代田」 No.374

にぎわいが集まる 「丸の内界隈を巡る旅」

キャプチャ画像

千代田区の大手町・丸の内・有楽町地区は、国内外の有力企業が集積する日本の経済活動の中心地です。

その中でも、企業や銀行が立ち並びオフィス街というイメージの強い「丸の内」は、以前、夜や土日は人通りがなく閑散としていました。そんな丸の内に「にぎわい」をつくろうと、再開発が行われ、今ではさまざまな交流が生まれる場となっています。

今回は「日本のビジネスの中心地」というこれまでのイメージでは収まりきらない、さまざまな表情を見せ始めた丸の内界隈を紹介します。

ちよだ・お散歩日和(霞が関周辺エリア)

キャプチャ画像

千代田区には、おススメの観光コース・お散歩コースがたくさんあります。何度訪れても新しい発見を楽しんでいただけるように、麹町地区と神田地区のお散歩コースを371号から毎号3分程度リポーターが紹介しています。

374号は、霞が関周辺エリアをご紹介します。国会議事堂や省庁などが立ち並ぶ霞が関周辺。そんな官公庁街のオアシス「国会前庭」は、緑豊かな庭園です。今回は、国会前庭の中にある、三権分立を象徴する三角の形をした時計塔や日本全国の土地の高さの基準となる日本水準原点をご紹介します。

映像広報「わがまち千代田」 No.373

神田古本まつりから紐(ひも)解く世界一の本の街「神田神保町」

キャプチャ画像

昭和35年に開催された「東京名物・神田古本まつり」が今年で54回目を迎えます。この間、古書店街のもっとも大きな行事として、年々規模を拡大しながら今日に至っています。この東京の風物詩の一つとも言える神田古本まつりの模様をお伝えするとともに、古本まつり(古書店街)の歴史もあわせてご紹介します。

また、神田神保町にある特徴的な古書店や、一般の人が普段見ることができない古本の交換会である市場の映像も織り交ぜ、古書の魅力についてもお伝えします。

ちよだ・お散歩日和(御茶ノ水周辺エリア)

キャプチャ画像

千代田区には、おススメの観光コース・お散歩コースがたくさんあります。何度訪れても新しい発見を楽しんでいただけるように、麹町地区と神田地区のお散歩コースを371号から毎号3分程度リポーターが紹介します。

373号は、御茶ノ水周辺エリアをご紹介します。現代的なビルと伝統的な建物が混在する街であるお茶の水周辺地域。そんな御茶ノ水の中でも、千代田区景観まちづくり重要物件に指定され、昭和を時代背景にした映画やTVドラマで使用されている「神田猿楽町町会の詰所」をご紹介します。また、パリの裏町を歩いているかのような雰囲気の街並みについてもあわせてご覧ください。

映像広報「わがまち千代田」 No.372

古今東西 神田淡路町界隈を巡る旅

写真:撮影の様子

今となっては、神田淡路町周辺は再開発が進み、大きなビルが立ち並ぶ地域になっています。

しかし、再開発が進む上で、淡路小学校跡地の活用を踏まえた地域のまちづくりは「地域住民の交流と賑わいの創出」をテーマに行われたため、ワテラス等は地域交流の場としての側面も持っています。

そこで今号では、神田淡路町の再開発に触れながら、昔から変わらず今もなお受け継がれている「神田っ子」の意気込みを通して、神田淡路町の魅力を伝えます。

ちよだ・お散歩日和(神田駅周辺エリア)

写真:神田青果市場発祥之地の碑

千代田区には、おススメの観光コース・お散歩コースがたくさんあります。何度訪れても新しい発見を楽しんでいただけるように、麹町地区と神田地区のお散歩コースを371号から毎号3分程度リポーターが紹介します。

372号は、神田駅周辺エリアをご紹介します。

神田は昔から職人や町人の街として、粋でいなせな江戸っ子たちが暮らしてきた場所です。そんな神田ならではの、神田青果市場発祥之地の碑や国登録有形文化財である松本家住宅主屋をご紹介します。

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道主査

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?