トップページ > 区政 > ようこそ区長室へ > 区議会招集挨拶 > 令和元年第4回千代田区議会定例会 招集挨拶

更新日:2019年11月21日

ここから本文です。

令和元年第4回千代田区議会定例会 招集挨拶

令和元年第四回区議会定例会の開会にあたり、私の区政運営における所信を申し上げます。

はじめに

はじめに、11月10日、雲ひとつない澄みきった秋晴れの下、広く国民に天皇陛下の御即位を披露するパレード、「祝賀御列の儀」が皇居宮殿から赤坂御所までの間で行われました。

沿道では祝意を表される大勢の方たちでたいへん賑わいました。前日には皇居前広場において「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」も開催され、連日皇居周辺では御即位の祝福ムードに包まれました。

改めまして、皇居の位置する千代田区の長として、区民の皆様とともに天皇陛下の御即位を心からお祝い申し上げます。

1.「令和元年台風第19号」における本区の対応について

次に、「令和元年台風第19号」における本区の対応について申し上げます。

去る10月12日から13日にかけて「台風第19号」が、強い勢力を保ったまま、関東地方・首都圏を直撃し、猛烈な風雨により、交通機関の混乱、停電など、都市機能に大きな打撃を与えました。

この災害において、被害に遭われました方々に心からお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

本区の対応といたしましては、台風接近前の9日には、マンションのベランダの鉢やごみ箱などを室内に入れていただくよう、また、商店の皆さんには、看板等の片づけを、関係部署を通じてお願いいたしました。

翌10日には、『過去にない規模での台風の接近・上陸に備え、区民等の安全管理を最優先に。空振りは許されるが見逃しは許されない』という認識のもと、庁内で「危機管理対策本部」を設置し、出張所への発電機や投光器の配備など、早めの対応を徹底いたしました。

併せて、区役所本庁舎1階区民ホールに「自主避難所」を開設すること、並びに、12日は、保育園・こども園、区立学校、児童館・学童クラブや、区役所窓口などの区立等の施設については閉鎖することを決定いたしました。

また、11日からは職員の情報連絡態勢を整え、万全を期すため、関係部署の職員を待機させました。

さらに、12日昼過ぎには、区内14か所の避難所を順次開設し、同日夕方には多摩西部・多摩南部に大雨特別警報が発表されたことを受け、「災害対策本部」を設置し、避難勧告等の発令を視野に入れつつ、不安のある方は避難所に避難するよう周知した結果、全避難所で60名弱の方々が避難されました。結果的に、区内に重大な被害はございませんでした。

しかしながら、姉妹提携先の群馬県嬬恋村においては、人的被害はないものの、道路や家屋に甚大な被害が発生し、現在も村内の一部道路が通行止めという状況でございます。このようなことから、区といたしまして「災害見舞金」をお贈りいたしました。

また、今回、区の台風対応について、避難所開設や災害情報の伝達・共有化等々に課題が生じるとともに、多くの皆様からさまざまなご意見などを頂戴しております。

区では、予め時系列で災害対応を整理し、先を見越した対応が取れるよう「タイムライン」を定めておりますが、改めて自然が猛威を振るうことの恐ろしさを踏まえつつ、皆様から頂戴しましたご意見などを今後の対策に可能な限り反映してまいります。

例えば、停電対策として蓄電池の整備や防災行政無線が聞こえづらいという声もあることから、建物内でもその情報が聞き取れる「戸別受信機」の配布などを来年度に実施できるよう検討をしているところでございます。

引き続き、さまざまな手法を今後の災害対策に生かし、被害を最小限に食い止めてまいりたいと考えております。

2.「まちの安全・安心に関する千代田区の取り組み」について

次に、まちの安全・安心に関する千代田区の取り組みについて申し上げます。

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」を来年に控え、まちの安全・安心を求める機運は高まりをみせています。

区では犯罪を未然に防止し、区民の生活環境の改善を図るため、さまざまな取り組みを実施しております。

その基本となる考え方は、行政のみならず、地域の皆さんや警察署、防犯協会など、さまざまな主体と連携して、地域全体で自分たちのまちの安全・安心を築いていくというものでございます。

一例をあげますと、地域で活動している事業者の方々が、本来の業務の中に防犯の観点を取り入れていただき、不審者の発見や犯罪の抑止に結びつける目的で、区と協定を締結する「ちよだ安全・安心ネットワーク」の仕組みがございます。現在、区内の31事業所と協定を結んでおり、今後もこの輪を広げていきたいと考えております。

また、町会やPTA、商店街など、一定の区域の住民等で構成された団体を対象に「防犯カメラ設置補助事業」を実施しており、各団体が主体となって「防犯カメラ」を設置していただいておるところでございます。

こうした地域の皆さんのさまざまな取り組みや活動が相まって、安全・安心に対する意識が浸透していくことにより、『安全・安心なまち』が形成されていくものと確信しております。

さらに区では、平成26年に「千代田区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例」、いわゆる「客引き防止条例」を制定し、安全で快適なまちの実現に取り組んでおります。

特に重点的に取り組む必要がある「神田駅周辺」と「秋葉原東部」の二つの地区は、「客引き行為等防止重点地区」に指定し、区民等の皆さんの活動を支援しているところでございます。

来年に迫った「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催により、国内外から多くの来街者が千代田区を訪れることになります。そうした状況を踏まえ、重点地区である二つの地区はもとより、区内の他の繁華街におきましても、地域の皆さんと連携して、これらの取り組みを粘り強く継続・拡充していく所存でございます。

千代田区を訪れる皆さんが、千代田区の魅力を存分に満喫し、また来てみたいと思っていただけるように官民をあげて準備を進めてまいります。

3.議案

最後に、今回提案いたしました諸議案についてでございます。

まず、予算案件といたしまして、令和元年度千代田区一般会計補正予算第2号、1件であります。

また、報告案件として、(仮称)外神田一丁目公共施設新築工事関係の請負契約の一部を専決処分により変更した件について、3件で、今回の付議案件は、合わせて4件であります。

何とぞ、慎重なご審議のうえ、原案どおりご議決賜りますようお願い申し上げます。

以上をもちまして、令和元年第四回区議会定例会の開会の挨拶といたします。

令和元年11月21日 千代田区長 石川 雅己

(注意) 本文は口述筆記ではありませんので、表現その他が実際の発言とは若干異なることがあります。

お問い合わせ

政策経営部総務課総務係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4134

ファクス:03-3239-8605

メールアドレス:soumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?