• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 環境学習 > 平成29年度「ちよだ・つま恋の森づくり」植樹ツアー実施報告

ここから本文です。

更新日:2017年10月17日

平成29年度「ちよだ・つま恋の森づくり」植樹ツアー実施報告

写真:植樹ツアー会場での集合写真平成29年5月20日(土曜日)~21日(日曜日)に区内在住・在勤・在学者13名(小学生3名、大人10名)が参加し、環境学習「ちよだ・つま恋の森づくり」植樹ツアーを実施しました。千代田区と姉妹都市提携を結んでいる群馬県嬬恋村を訪問し、植樹体験をしました。

植樹ツアーは、平成24年度から実施しているもので、嬬恋村との共催事業として、嬬恋村で植樹を体験することで、森林保全を図り、森の役割や大切さを学ぶことを目的としています。

 

1日目:平成29年5月20日(土曜日)

午前8時に区役所前を出発しました。到着後は、地元の自然ガイドの説明を聞きながら、森林およびバラギ湖で約3時間の自然観察と散策を行った後、「嬬恋の宿あいさい」に宿泊しました。

自然観察では、都市には見られない植物や虫などを見つけたり、山女魚や岩魚、様々な生物が住む小川で水の清らかさに感動したり、バラギ湖の周辺を散策するなど、豊かな自然と触れあいリフレッシュしました。

写真:バラギ湖での自然観察

2日目:平成29年5月21日(日曜日)

午前8時30分に宿をバスで出発し、植樹会場である角間山へ向かいます。植樹では、嬬恋村長をはじめ来賓のご挨拶のあと、チェーンソーによる伐木実演が行われました。その後、嬬恋村と吾妻森林組合の方から植樹の方法について説明を受け、参加者で協力し合いながら、ミズナラの苗木の植樹を体験しました。

写真:角間山での植樹

参加者からのご意見など

  • 散策をしてたくさんの自然に触れて、東京ではなかなかできない体験をできてよかったです。苗を植えられて良かった。川などでたくさんの生物に触れられて良かった。
  • 昨年、嬬恋村とカーボンオフセット協定が結ばれたことは、環境モデル都市として千代田区がこれまで取り組まれてきた一連の環境保全に関する事業の具体的成果の一つとして、素晴らしいと思います。
  • 時間の設定がよかったです。その都度、臨機応変に対応していただき、行程がスムーズでした。ありがとうございました。
  • 晴天に恵まれ、気持ちのいい経験となりました。子どもの体験に付き合う趣旨でしたが、私自身とても勉強になりました。植樹の際、くわを使用する場合は、子ども向けのものを使用することや、子ども向けに説明をしてもらえると、子どもにはより学びになる気がします。
  • 多くの方々のご協力やご支援があり、このツアーに参加させていただいたことに心より感謝いたします。都心に暮らす私たちにとって、環境について考える良い機会を与えていただきました。このようなすばらしい体験を多くの方々にもっと知って欲しいと思いました。少人数のため、すべての活動が予定時間内に済み、スムーズに行動できてよかったと思います。次世代に継げる子どもたちの参加がもう少し多くても良いのではと思いました。
  • 宿泊の宿がきれいでとてもよかった。食事もすべて美味しく、大変満足しました。
  • 昨年度のツアーで植えた樹がどのくらいに育っているか、機会があったらツアー中に見たいです。

お問い合わせ

環境まちづくり部環境政策課事業推進係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4253

ファクス:03-3264-8956

メールアドレス:kankyouseisaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?