トップページ > まちづくり・環境 > 環境 > 環境学習 > 「秋のどんぐり観察と生きもの楽習会」を開催しました(令和元年10月実施)

更新日:2019年11月18日

ここから本文です。

「秋のどんぐり観察と生きもの楽習会」を開催しました(令和元年10月実施)

晴天にも恵まれ、子どもたちのはじける笑顔があふれました。

夏だけでなく秋にもさまざまな植物や生きものがいることを体感するとともに、自然にふれあうことを目的として「秋のどんぐり観察と生きもの楽習会」、久しぶりの秋空のもと、どんぐりや生きものことを楽しく習う「楽習会」となりました。

イベントの前半は、どんぐりの種類や見つけ方を地域環境計画の彦坂 洋信さんからテキストを見ながら楽習会を行いました。その後にみんなで北の丸公園にどんぐりを探しに出かけました。

後半はどんぐり観察のまとめを10分ほど行い、「生きもの楽習会」と題し、どんぐりブース・鳥ブース・昆虫ブースの各ブースを3グループに分かれて、楽しみながらの楽習会となりました。

実施報告

日時

令和元年10月26日(土曜日)午後1時30分~4時30分

会場

  • どんぐり観察:北の丸公園
  • 講義および生きもの楽習会:区役所4階会議室A・B

参加者

14組35名(子ども19名、大人16名)

内容

北の丸公園でのどんぐり観察、生きもの楽習会(どんぐり・鳥・昆虫の各ブースに分かれて実施)

どんぐり観察の様子

画像:どんぐりの開設を受ける様子

北の丸公園に観察に出かける前の、株式会社地域環境計画の彦坂 洋信さんによるどんぐりの解説がありました。

画像:どんぐりのあるポイントの説明を受ける様子

彦坂 洋信さんから、どんぐりのあるポイントの説明を受けました。

画像:どんぐりを採集をしている様子

さまざまな大きさや形をしたどんぐりを夢中で探しました。

生きもの楽習会の様子

画像:昆虫ブースの様子

「昆虫」ブース
映像を使って、楽習しました。

画像:鳥ブースの様子

「鳥」ブース
鳥のイラストを見ながらペーパークラフトで鳥の模型を作りながら鳥を楽習しました。

画像:どんぐりブースの様子

「どんぐり」ブース
どんぐりカードを使ったどんぐりと葉っぱの組み合わせ当てクイズでいろんなどんぐりを楽習しました。

画像:どんぐり観察の説明を受ける様子

地域環境計画の彦坂 洋信さんより、どんぐり観察について説明を受けました。

参加者の感想

  • 北の丸公園にこれだけの種類のどんぐりや植物があることを意識していませんでした。新たな発見がありました。
  • 子どもが興味を持って参加できたので良かった。知的好奇心を刺激されているのを感じました。
  • フィールドワークと室内でのイベントが、どちらも充実していてよかったです。
  • 子どもが少しでも自然に興味を持てたのならと思います。

お問い合わせ

環境まちづくり部環境政策課事業推進担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4253

ファクス:03-3264-8956

メールアドレス:kankyouseisaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?