• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 環境学習 > 「ちよだ・つま恋の森づくり」植樹ツアー実施報告

ここから本文です。

更新日:2019年6月7日

「ちよだ・つま恋の森づくり」植樹ツアー実施報告

写真:植樹ツアー会場での集合写真令和元年5月25日(土曜日)と26日(日曜日)に区内在住・在勤・在学者23名(小学生7名、大人16名)が参加し、環境学習「ちよだ・つま恋の森づくり」植樹ツアーを実施しました。千代田区と姉妹都市提携を結んでいる群馬県嬬恋村を訪問し、自然観察会や植樹の体験をしました。

この事業は平成24年度から実施しているもので、今年度で8回目の開催となります。嬬恋村との共催事業として、嬬恋村で植樹を体験することで、森林保全を図り、森林の役割や大切さを学ぶことを目的としています。

1日目:令和元年5月25日(土曜日)

午前8時に区役所前を出発。到着後は、子どもたちが楽しみにしていた自然観察会を実施しました。地元の自然ガイド2名から植物や生きものについての説明もあり、子どもだけでなく大人も真剣になるほど自然観察を楽しみました。

森林の中の散策およびバラギ湖周辺の水辺の生物の観察など豊かな自然と触れあいリフレッシュした後は、「嬬恋の宿 あいさい」に宿泊しました。

写真:バラギ湖での自然観察

2日目:令和元年5月26日(日曜日)

午前8時30分に宿を出発し、植樹会場である角間山へ。植樹祭では、嬬恋村長はじめ来賓の挨拶やチェーンソーによる伐木実演のあとで、嬬恋村および吾妻森林組合の方から植樹の方法を教えていただき、ミズナラの苗木の植樹を体験しました。

大人も子どもも関係なく、全員で協力しながら植樹を行ったことで、貴重な体験を共有することができました。

写真:角間山での植樹

参加者からのご意見など

  • 参加決定から解散までとても親切に対応してくださり、親子共々充実した時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
  • 植樹体験を通して、森づくりの大切さ、ありがたさに触れられました。100年かけて、立派に役立つ木に育つと思うと、とても有意義な経験をさせてもらいました。植樹・散策などのプログラムをはじめ、宿のおもてなしも素晴らしかったです。
  • 皆で協力して一つのことを行うのは楽しいです。
  • 環境問題を考えるきっかけになり、人生観が変わりました。植樹の際のご挨拶で、植樹の大切さがよくわかりました。
  • こんなにすばらしい体験が出来て、千代田区の皆さん、関係者の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。嬬恋村のファンになりました。

お問い合わせ

環境まちづくり部環境政策課事業推進係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4253

ファクス:03-3264-8956

メールアドレス:kankyouseisaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?