更新日:2018年11月14日

ここから本文です。

群馬県嬬恋村との森林整備協定の内容

嬬恋村との協定式の様子千代田区は、平成28年12月21日、地球温暖化対策の一環として、姉妹提携を結んでいる群馬県嬬恋村と「森林整備の実施に関する協定」を締結しました。

この協定は、区の地球温暖化対策条例(平成19年制定)に掲げる目標「令和2年 区内二酸化炭素排出量25パーセント削減(平成2年比)」を達成するための取り組みの一つで、地方の森林を継続的に整備することで増加する二酸化炭素吸収量を、区内で発生する二酸化炭素排出量と相殺します。
区内でのこのような協定は、平成24年に締結した岐阜県高山市に続き2例目です。

千代田区役所(千代田区九段南1-2-1)で行われた協定の締結式では、熊川 栄嬬恋村長と石川 雅己千代田区長が協定書を交わしました。
熊川 栄嬬恋村長は「今回の協定により植樹したミズナラが50年後にたくさんの二酸化炭素を吸収してくれるだろう。今回協定を締結できたことを嬬恋の子どもたちにも伝えていきたい。」と話していました。石川 雅己千代田区長は「これまで嬬恋村と環境学習を通じて交流を深めてきたことが、今回の協定につながったと思う。今回の協定が、嬬恋村との姉妹提携30周年のモニュメントになることを期待している。」と話していました。

協定の概要

森林整備

嬬恋村の村有林にある「ちよだ・つま恋の森」において、毎年度約2ヘクタールのエリアを選定し、主伐、間伐、造林その他の手入れを行う。

植樹ツアーの実施

住民相互の交流活動の活性化を図るため、それぞれの住民が植樹等の体験を通じて環境学習ができるような「植樹ツアー」を共催する。

経費の負担

千代田区と嬬恋村が共同して負担する。

協定の有効期間

協定の締結日から令和4年3月31日までの約5年間

協定に基づく森林整備面積

すでに協定を締結している高山市とあわせると、協定の期限である令和4年3月までに約110ヘクタール(区面積の約10分の1に相当)の森林を整備する予定です。

千代田区と嬬恋村との共同による森林整備の実施に関する協定書

嬬恋村との協定書(PDF:128KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境まちづくり部環境政策課企画調査係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4255

ファクス:03-3264-8956

メールアドレス:kankyouseisaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?