トップページ > しごと・産業 > 事業所運営 > 事業資金の融資 > 商工融資・セーフティネット保証・危機関連保証に関するよくある質問

更新日:2020年5月13日

ここから本文です。

商工融資・セーフティネット保証・危機関連保証に関するよくある質問

商工融資

融資してほしいのですが

千代田区商工融資あっせん制度があります。「千代田区商工融資あっせん制度」をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対応資金も設けています。「新型コロナウイルス感染症に関する中小企業支援」をご覧ください。

区の商工融資あっせんの「区民」「一般」の区分は何ですか

法人や事業所の代表者が千代田区民の場合に「区民」区分になります。

区の商工融資あっせんの申し込みに必要な書類は何ですか

千代田区商工融資あっせん制度」を参照してください。

新型コロナウイルス感染症対応資金の場合

申し込みに必要な書類
  • 通常の融資申し込みに必要な書類
  • 最近1か月(申請月の前月、前月の数字が出ていない場合は前々月)の試算表および前年同月の試算表等(セーフティネット4号、5号、危機関連保証の申請と同時の場合は省略可)

区の商工融資あっせんの申込用紙が欲しいのですが

区役所2階商工融資係の窓口もしくは指定金融機関(「千代田区商工融資あっせん制度」参照)の窓口で配付しています。

セーフティネット保証、危機関連保証

セーフティネット保証、危機関連保証とは何ですか

金融機関から融資を受ける際に、ほとんどの場合、信用保証協会の保証付きを求められます。これは万が一の時に、お客様の借入金を保証協会が立て替え払いをする制度への加入を求めるものです。

今回のセーフティネット保証や危機関連保証の認定を受けると、通常の保証枠とは別に新たな保証枠を設けてもらうことができます。

セーフティネット保証の用紙が欲しいのですが

セーフティネット保証制度(中小企業信用保険法第2条第5項)」からダウンロードできます。

危機関連保証の用紙が欲しいのですが

危機関連保証(中小企業信用保険法第2条第6項)」からダウンロードできます。

セーフティネット保証4号と5号、どちらを受けたらよいですか

両方とも該当している場合は、保証協会の保証が10割保証となる4号をお取りになることをお勧めします(5号は8割保証で、金融機関が2割のリスクをとることになるため、その分審査に影響があると思われます)。

セーフティネット4号保証と危機関連保証どちらを取ればよいですか。また両方とることができますか

20%以上の減少をしている場合は、両方とも取得できます。どちらも10割保証になるので、お好きな方をお取りください。

開業1年未満や売り上げが上がっている場合は、認定は受けられませんか

基準の緩和が行われましたので、3つの基準のどれかが該当していれば申請できます。

セーフティネット保証制度または危機関連保証((重要)中小企業信用保険法 セーフティネット4号、5号および危機関連保証の認定基準の変更)」を参照してください。

試算表等の売上高を証明する書類が用意できないのですが

各申請様式に添付の「売上高等の証明資料」を利用する場合は、試算表や売上高計算書の提出を省略可能です。

お問い合わせ

地域振興部商工観光課商工融資係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4344

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:shoukoukankou@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?