トップページ > しごと・産業 > 産業 > 商店街・商工振興 > 商工関係団体を対象とした会費減額給付金・元気回復支援補助金

更新日:2021年9月8日

ここから本文です。

商工関係団体を対象とした会費減額給付金・元気回復支援補助金

新型コロナウイルス感染症による地域経済への影響を見据えて、会員の負担軽減のために会費徴収額を減額したり、消費者を誘客する事業を実施したり、販路開拓のために新たな商品やサービスの開発・実証を行ったりする区内商工関係団体の活動を支援する二つの制度が始まりました。ぜひご活用ください。

対象団体

  • 千代田区商店街連合会または千代田区商店街振興組合連合会に加盟する商店会および商店街振興組合
  • おおむね10社(個人事業主を含む)以上からなる同業種団体(複数の同業種団体の連合会、同業種団体を含む実行委員会形式の団体を含む。ただし、業種別団体として令和2年度版千代田区公共関係等団体名簿に掲載されている団体のうち、商店会と同様の形で組織されている団体は除く。)
  • 千代田区商店街連合会、千代田区商店街振興組合連合会、千代田区商工業連合会、東京商工会議所千代田支部、一般社団法人東京中小企業家同友会千代田支部

(注意) 令和3年4月1日において現に活動している団体が対象です。

1.会費減額給付金

新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の中、会員の負担を軽減するため、各商工関係団体が加盟店・会員事業所等からの会費徴収額を団体の規約等に定める金額よりも減額した場合、各団体に対し、区がその補填を行います。

会費減額給付金のご案内チラシ(PDF:266KB)

給付額

  • 給付額:団体の規約等で定めた会費額で全会員から会費を徴収した場合の年間会費収入予算額(=規定会費収入予算額)から、減額した会費額で全会員から会費を徴収した場合の年間会費収入想定額を引いた額(千円未満切り捨て)と、限度額のいずれか低い額。
  • 限度額:規定会費収入予算額の半額と、10万円に団体の区内会員事業者数を乗じた額のいずれか低い額で、上限300万円。

会費徴収対象期間

令和3年4月から令和4年3月分までの会費

申請受付期限

令和3年12月24日(金曜日)まで

(注意) 翌年3月分の会費までが対象ですが、申請の締め切りは12月24日です。ご注意ください。

申請方法

  1. 給付金申請書【第1号様式】(ワード:62KB)に必要事項を記入(記入の仕方は給付金申請書【記入例】(PDF:272KB)参照)
  2. 規定会費収入予算額の根拠が分かるもの(会費について定めた団体の規約等。令和2年度に会費減額給付金を受けた団体は提出不要。ただし、会員数や会費額等に変更があった場合は提出が必要。)
  3. 会費を減額して徴収したことが分かるもの(会員に宛てた会費徴収の案内文等)
  4. 会員名簿(店名・社名、所在地、代表者名の記載があれば任意の様式で可)

1~4を添付して、商工観光課窓口(九段南1-6-17 千代田会館8階)の受付時間中に直接提出、または商工観光課宛てに郵送してください。

申請書の様式と記入例

2.元気回復支援補助金

新型コロナウイルス感染症による地域経済への影響を見据えた事業展開のために、下記のような取り組みを行う区内商工関係団体に対し、区がその経費を補助します。

元気回復支援補助金のご案内チラシ(PDF:294KB)

補助対象となる取り組み(経費)の例

取り組み1

プレミアム付商品券の発行事業、キャッシュレス決済利用者へのポイント付与事業

  • 団体が独自に実施する、紙または電子媒体によるプレミアム付商品券の発行・販売・換金に係る経費や、プレミアム額付与に要する経費
  • キャッシュレス決済利用者へ、上乗せポイント付与を行う際のポイント付与に要する経費
  • プレミアム付商品券の発行・販売・換金作業や、キャッシュレス決済利用者へのポイント付与事業の運営等に係る事務を委託する経費

(注意) 商品券の使用期限は、換金作業を済ませて令和4年3月31日までに報告書を提出できるような日程に設定してください。

取り組み2

新商品やサービスの開発・実証事業、販路開拓事業

  • これまでにない新たな商品やサービスの開発、実証に要する経費
  • 販路開拓のための展示会等の開催に係る経費(リアル開催、オンライン開催のどちらでも対象)

(注意) 商業ビルや地下街等の施設内商店街は補助対象外です。

取り組み3

誘客・消費喚起イベント事業

  • 次回来店時に使用できる割引券を配布するキャンペーンの実施など、団体独自の商品券やクーポン券の発行・換金に係る経費
  • 規定額以上の商品を購入した者に先着で記念品等をプレゼントするサービスを行う際の記念品購入等に係る経費
  • 商店会等が一括で道路占用許可を受けて行う、加盟店のテラス席営業に係る、交通整理員の委託経費、占用区間道路の清掃作業に使用する掃除用具の購入費等

(注意) 人の密集状況を作る集客イベントの実施は補助対象外です。

取り組み4

取り組み1~3の内容に分類されないが、商工関係団体の元気回復に資する事業

(注意) 元気回復に資するだけでなく、コロナ対策に役立つ取り組みであることが必要です。

  • 各店の感染症対策や手が洗えるスポット等を案内する、安心お買物マップの作成や、そのマップをホームページに掲載するのに係る経費
  • キャッシュレス決済導入等のため、街区内にFree Wi-Fi環境を整備する経費
  • 会員対象に感染症対策研修会を実施する経費
  • コロナ対策成功事例集を作成・配付する経費

(注意) 商業ビルや地下街等の施設内商店街は補助対象外です。

その他、取り組みについての注意事項

  • 複数の団体で共同実施することも可能です。
  • 原則、区内の会員事業者を対象とします。ただし、区内の事業者と一体的に取り組むことで、より効果が期待できる場合等、総合的に判断して、区外の会員事業者を対象と認めることがあります。
  • 補助対象となる取り組みは、次に掲げる要件を満たすものとします。
    1. 補助対象団体の活動区域内、かつ、区内で実施すること
    2. 国、東京都その他の公共的団体および区からの他の補助金交付を受けていないこと

補助率・補助限度額・申請回数

  • 補助率:補助対象経費の10分の10
  • 限度額:団体の区内会員事業者数に10万円を乗じた額で、上限300万円

(注意) 複数の団体で共同実施する場合の補助限度額は、各団体の補助限度額の合計に1.5を乗じた額(小数点以下切り捨て)になります。

  • 申請回数:1団体あたり1回まで

(注意) 複数団体による共同事業は、それを各団体の1回の申請と数えます。

補助対象期間

交付決定日から令和4年3月31日までに実施および支払いを完了したもの

(注意) 交付決定日より前の日付の支払証明書類の経費は補助対象外です。

申請受付期限

令和3年12月24日(金曜日)まで

申請方法

補助金交付申請書【第1号様式】(エクセル:55KB)の1.補助金交付申請書・事業実施計画書、2.事業費経費別明細に必要事項を記入(記入の仕方は補助金交付申請書【記入例】(PDF:529KB)参照)のうえ、3.会員名簿(店名・社名、所在地、代表者名の記載があれば任意の様式で可)を添付して、申請書類が整いましたら、商工観光課(電話番号:03-5211-4185)に電話で「中小企業診断士による相談「元気回復支援補助金申請書類の確認」」(相談料無料)の予約をしてください。

予約した日時に区役所に来庁して中小企業診断士に申請書類を確認してもらい、修正の指摘等がありましたら修正のうえ、申請書類一式を商工観光課窓口(九段南1-6-17 千代田会館8階)の受付時間中に直接提出、または商工観光課宛てに郵送してください。

申請書の様式と記入例

申請後の流れ

  1. 申請受付後、審査を行い適正と認められた場合、交付決定通知を送付します。
  2. 交付決定通知が届いたら、対象期間内に申請した取り組みを実施します。
  3. 実施報告書を令和4年3月31日(木曜日)までに、商工観光課宛てに郵送、または商工観光課窓口(九段南1-6-17 千代田会館8階)の受付時間中に直接お持ちください。
    (注意) 実施報告書は、補助事業実施報告書【第7号様式】(エクセル:81KB)の1.補助事業実施報告書、2.事業費経費別明細と、3.必要に応じて第7号様式の3~6に必要事項を記入(記入の仕方は補助事業実施報告書【記入例】(PDF:446KB)参照)のうえ、4.対象経費の支払いを証明する書類(領収書、または請求書と口座振込明細書)の写し(支払い証明書類の例(PDF:289KB)参照)、5.事業の実施状況を確認することができる写真等と、6.ポスター・チラシ等の印刷物を作製した場合はその印刷物の現物を各1部添付して、提出してください。
  4. 補助金確定通知を受けて確定額を請求すると、各団体が指定した口座に補助金が振り込まれます(補助金は事業実施後の確定払いが原則ですが、交付決定額を事前に請求し、補助金確定後に事前交付額との差額を返金する方法も可能です)。
    (注意) 請求書は、団体名または代表者名の口座に振り込む場合は請求書【第6号様式】(ワード:34KB)を、代表者以外の口座に振り込みを希望する場合は請求書兼委任状【第6号様式の2】(ワード:34KB)を使用してください。記入の仕方は請求書【記入例】(PDF:125KB)または請求書兼委任状【記入例】(PDF:161KB)をご参照ください。

実施報告書の様式と記入例

請求書の様式と記入例

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部商工観光課商工振興係

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-17 千代田会館8階

電話番号:03-5211-4185

ファクス:03-3261-5908

メールアドレス:shoukoukankou@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?