• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ここから本文です。

更新日:2018年10月17日

公共施設における免震・制振部材の不適合について

平成30年10月16日(火曜日)、国土交通省から、KYB株式会社およびカヤバシステムマシナリー株式会社が製造した国土交通大臣認定などの内容に適合しない、または適合が不明な免震・制振部材(オイルダンパー)が全国で設置されているとの報告がありました。

千代田区の73の公共施設は免震構造が3施設、制振構造が1施設、そのほかはすべて耐震構造になっており、区で使用の調査をしたところ、区営東松下町住宅(神田東松下町22-1・平成28年12月28日竣工)と高齢者総合サポートセンター「かがやきプラザ」(九段南一丁目6-10・平成27年11月16日竣工)で、同社のオイルダンパーが使用されていることが確認されました。

両施設のオイルダンパーについては国土交通大臣認定に適合しているものか、不適合なものか現在調査中です。なお、国土交通省からは不適合部材が使用された建物でも、震度7程度の地震による倒壊の恐れは無いと報告されております。

今後、不適合が確認された場合には、同社において早急に交換をするよう求めて参ります。

お問い合わせ

政策経営部施設経営課
〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1
電話番号:03-5211-4160
ファクス:03-3264-1466
メールアドレス:shisetsukeiei@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?