• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 軽自動車税

ここから本文です。

更新日:2017年4月28日

軽自動車税

軽自動車税は、毎年4月1日現在、軽自動車等を所有している方に課税されます。登録のあった軽自動車等を所有しなくなっても、廃車手続きを行うまでは所有しているとみなされ、税金がかかり続けます。廃車、譲渡、紛失、盗難の場合は、早めに手続きをしてください。

区では、排気量125cc以下の原動機付自転車、小型特殊自動車・ミニカー(「千代田区」ナンバー)の手続きを取り扱います。その他の自動車等(「品川」ナンバー)の手続きについては、次のとおりです。

  • 排気量125ccを超えるオートバイ(軽二輪・自動二輪)
    関東運輸局東京運輸支局(品川区東大井1-12-17 電話:050-5540-2030)
  • 排気量660cc以下の軽四輪
    東京都軽自動車検査協会(港区港南3-3-7 電話:050-3816-3100)

各種の届け出と用意するもの

異動の事由 用意するもの
購入 新規登録 販売証明書、印鑑、住所を確認できるもの
譲渡 廃車手続き済み 譲渡証明書、廃車確認書、印鑑、住所を確認できるもの
廃車手続きなし 譲渡証明書、標識交付証明書、ナンバープレート、印鑑、住所を確認できるもの
転入 廃車手続き済み 廃車確認書、印鑑、住所を確認できるもの
廃車手続きなし 標識交付証明書、ナンバープレート、印鑑、住所を確認できるもの
廃車 廃棄・転出 標識交付証明書、ナンバープレート、印鑑
盗難届済み 標識交付証明書、印鑑、警察の受理番号
盗難届なし 標識交付証明書、印鑑、弁償金200円、理由書

注意事項

  1. 千代田区外にお住まいの方(個人)は、住民票の写しが必要です(免許証は不可)。
  2. 法人の場合は、会社の代表者印と新規登録の際は、登記簿の写しが必要になります。
  3. 盗難にあったときは、警察署へ盗難届を提出し、受理番号の控えをお持ちください。
  4. ナンバープレートを返納できないときは、理由書と弁償金200円が必要です
    (廃車の際に、警察署への盗難届確認ができれば、弁償金は免除になります)。
  5. 郵送による廃車の届出は、手続き終了後、「廃車受付証」をお送りしますので、切手を貼った返信用封筒を同封し、千代田区役所に送付してください。

軽自動車税納税証明書

証明書の種類

車検(継続検査)用

手数料は、無料です。

車検(継続検査)の際に、軽自動車税の未納がないことを証明するものです。軽自動車税の納税通知書右欄の「軽自動車税納税証明書」も車検(継続検査)用として使用できます。過去に税金の滞納がある車両については、証明書の発行はできません。

一般用

手数料は、1通につき300円です。

車検(継続検査)用以外の用途に用いられる証明書です。

証明書の申請に必要なもの

納税義務者本人が請求する場合

  • 本人確認ができる証明書

代理人が請求する場合

  • 代理人の本人確認ができる証明書
  • 納税義務者からの委任状
    ただし、納税義務者から車検等の代行を依頼されている場合は、納税義務者の自動車検査証(写しでも可)の提示でも差し支えありません。

各種届出書類

排気量125cc以下の原動機付自転車、小型特殊自動車・ミニカーの登録、廃車などに必要な届出書類をダウンロードできます。

軽自動車税率一覧

原動機自転車

種類 車両区分 年税率

原動機付自転車

二輪のもの

  • 総排気量が0.05リットル以下のもの
  • 定格出力が0.6キロワット以下のもの

2,000円

  • 総排気量が0.05リットルを超え,0.09リットル以下のもの
  • 定格出力が0.6キロワットを超え0.8キロワット以下のもの

2,000円

  • 総排気量が0.09リットルを超え0.125リットル以下のもの
  • 定格出力が0.8キロワットを超え、1.0キロワット以下のもの

2,400円

原動機付自転車
三輪以上のもの
  • 総排気量が0.02リットルを超え0.05リットル以下のもの
  • 定格出力が0.25キロワットを超え0.6キロワット以下のもの
    (総務省令で定めるものを除く)

3,700円

小型特殊自動車、二輪車等

種類 車両区分 年税率
軽二輪 125ccを超え250cc以下のもの

3,600円

小型二輪 250ccを超えるもの

6,000円

軽自動車 もっぱら雪上を走行するもの

3,600円

被牽引車輌

3,600円

小型特殊自動車 農耕作業用

2,400円

その他のもの

5,900円

三輪、四輪の軽自動車

平成28年度にグリーン化特例(軽課)の車両は、平成29年度から標準税率になります。

種類

 

旧税率

(平成27年3月31日までに最初の新規検査をした車両)

 

 

標準税率

(平成27年4月1日以後に最初の新規検査をした車両)

 

 

重課

(最初の新規検査から13年を経過した車両)

 

三輪

3,100円

3,900円

4,600円

四輪乗用(自家用)

7,200円

10,800円

12,900円

四輪乗用(営業用)

5,500円

6,900円

8,200円

四輪貨物(自家用)

4,000円

5,000円

6,000円

四輪貨物(営業用)

3,000円

3,800円

4,500円

(注釈) 「最初の新規検査」とは、「自動車検査証」の初度検査年月になります。

グリーン化特例(軽課)

平成28年4月1日から平成29年3月31日までに新車を新規検査(新規登録)を受けた車両(新車のみ)が対象です。

種類

標準税率

グリーン化特例(軽課)
75
%軽減(注釈1)

グリーン化特例(軽課)
50
%軽減(注釈2)

グリーン化特例(軽課)
25
%軽減(注釈3)

三輪

3,900円

1,000円

2,000円

3,000円

四輪乗用(自家用)

10,800円

2,700円

5,400円

8,100円

四輪乗用(営業用)

6,900円

1,800円

3,500円

5,200円

四輪貨物(自家用)

5,000円

1,300円

2,500円

3,800円

四輪貨物(営業用)

3,800円

1,000円

1,900円

2,900円

(注釈1) 電気自動車および天然ガス自動車が対象です。
(注釈2) 乗用については平成32年度燃費性能基準値より20%、貨物については、平成27年度燃費基準値より35%以上燃費性能の良い車両が対象です。
(注釈3) 乗用については平成32年度燃費性能基準を満たすもの、貨物については平成27年度燃費基準値より15%以上燃費性能の良い車両が対象です。

(注意) 燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄で確認してください。

軽自動車税を納める場所

  1. 区役所、各出張所
  2. 銀行、信用金庫など(千代田区指定金融機関、特別区公金収納取扱店)
  3. 東京都・山梨県および関東各県にあるゆうちょ銀行
  4. 指定のコンビニエンスストア

注意

  • 納期限が過ぎた納付書は、納める時期により上記の2、3、4で取り扱えない場合があります。
  • 領収証書は5年間、大切に保管してください。
  • 平成21年度からコンビニエンスストアで納付できるようになりました。
  • コンビニエンスストアで取り扱う納付書は、軽自動車税および特別区民税・都民税(普通徴収分)のバーコードのついた納付書で、納付書1枚の金額が30万円までのものです。
    取扱店は、納付書の裏面に掲載しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部税務課納税促進係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4193

ファクス:03-3264-4085

メールアドレス:zeimu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?