• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ここから本文です。

更新日:2018年5月31日

胃がん検診

対象者

千代田区にお住まいの40歳以上の方

受診期間

平成30年6月15日~平成31年2月28日

(注意1) 受診期間を過ぎた場合は、受診することができません。
(注意2) 受診前に区外に転出した場合は、受診することはできません。

受診券送付時期

平成30年6月上旬

受診券は、国保健診、長寿健診、成人健診の受診券と兼用です。

検査方法および費用

胃がん検診(800円)

  • バリウム検査または内視鏡検査の、どちらか一方を選択して検査します。
  • 内視鏡検査については、平成30年度から、より精度の高い健診結果が得られるよう、50歳から74歳までの偶数年齢の方を対象として、複数の専門医による撮影画像の二重読影(ダブルチェック)を実施します。
    (注釈) 検査自体に変更はありません。
  • 生活保護を受けている方は、費用を免除します。生活支援課担当ケースワーカー(電話:03-3264-2111(代表))へ連絡してください。

受診場所

区内指定医療機関

  • 胃がん検診は、国保健診、長寿健診および成人健診と、同時に受診することができます。 健診の予約と同時に申し込みをしてください。
  • 胃がん検診を実施していない医療機関で、国保健診、長寿健診および成人健診を受診し、胃がん検診を希望される方には、医療機関において「胃がん検診受診券」を発行します。区が別に指定する医療機関において、胃がん検診のみを受診してください。
  • 医療機関については、国保健診長寿健診成人健診のページの医療機関一覧表をご覧ください。

結果説明

受診した医療機関で結果説明を受けてください。国保健診、長寿健診および成人健診の結果説明と併せて説明します(結果説明に伴う費用は必要ありません)。

なお、内視鏡検査を受けた方のうち、二重読影(ダブルチェック)対象の方(50歳から74歳までの偶数年齢の方)については、検査結果の説明に従来より日数がかかります。

  • 当日:検査医による検査の概要説明
  • 後日:二重読影(ダブルチェック)後の結果説明

その他

  1. 現在、医療機関にかかっている方は、医師と相談のうえ受診してください。
  2. 内視鏡検査で病変が発見され、引き続きその内視鏡を使用して生検を行った場合は、自己負担800円の他に、保険診療として別途費用がかかります。
  3. 区民健診で実施する内視鏡検査については、安全面を考慮して、前処置での麻酔以外の鎮痛薬・鎮静薬の使用は行いません(偶発症での死亡例の多くが鎮痛薬・鎮静薬に起因しているため)。
  4. 内視鏡で撮影した写真やデータが個人的に必要な場合には、実費がかかります。区民健診費用には含まれておりませんので、医療機関にご確認ください。
  5. 内視鏡検査を希望する方は、事前に医師と相談のうえ受診してください。また、健康保険証を必ずお持ちください。

お問い合わせ

千代田保健所健康推進課健康推進係

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-14 

電話番号:03-5211-8171

ファクス:03-5211-8192

メールアドレス:kenkousuishin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?