• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 区独自の介護サービス > 救急医療情報キットの配付

ここから本文です。

更新日:2017年4月26日

救急医療情報キットの配付

自宅で急に具合が悪くなり救急車を呼んだときなどに、本人の医療情報をすぐに伝えられるよう、「救急医療情報キット」を無料で配付しています。

情報に変更があった場合や、用紙が汚損した場合は、情報シートをダウンロードし、印刷して記入してください。
在宅支援課相談係(電話番号:03-6265-6483)までご連絡いただければ、新しい記録用紙を郵送します。

対象者

  • 区内在住の65歳以上の方
  • 区内在住の障害者手帳(身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳)を持っている方

内容

よくある質問とその回答

質問:「救急医療情報キット」とは何?
回答:高齢者や障害のある方が、自宅で急に具合が悪くなり救急車を呼んだときに、救急隊・医療機関に本人の医療情報を正確に伝えるための記録用紙、写真、保険証の写しなどを入れておくプラスチック容器等(本体容器、ステッカー、救急情報用紙)の一式です。

質問:「救急医療情報キット」が配付される対象者は?
回答

  1. 千代田区にお住まいの65歳以上の方
  2. 千代田区にお住まいの身体障害者手帳または、愛の手帳をお持ちの方
  3. 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方

以上の方が対象です。

質問:「救急医療情報キット」はどこで配付しているの?
回答:相談センター(かがやきプラザ1階)、高齢介護課・障害者福祉課(区役所3階)、高齢者あんしんセンター麹町・高齢者あんしんセンター神田、区内の各出張所です。

質問:「救急医療情報キット」には何を入れるの?
回答:「救急医療情報キット」には、本人の医療情報を記録した医療情報記録用紙の他に、本人の写真・健康保険証の写し・診察券の写し・お薬手帳の写しなどを入れます。

質問:「救急医療情報キット」はなぜ冷蔵庫に入れるの?
回答:冷蔵庫はどこの家にも1台はあるもので、救急隊員がすぐに見つけられる場所として決めています。
冷蔵庫内でも、ドアをあけて見つけやすい場所に「救急医療情報キット」を置いてください。

質問:「救急医療情報キット」のステッカーはどこに貼るの?
回答:「救急医療情報キット(容器)」と「医療情報記録用紙」そして「ステッカー」2枚をセットでお渡しします。ステッカーのうちシールになっているものは、玄関のドアの内側に、マグネット式になっているものは、冷蔵庫に貼ってください。いずれも救急隊員に、この家には「救急医療情報キット」があることを、すぐにわかってもらえるしるしになります。

質問:「救急医療情報キット」の医療情報の更新はどうするの?
回答:医療情報は、変更があったときに随時更新してください。用紙は、千代田区ホームページからダウンロードするか、在宅支援課相談係(電話番号:03-6265-6483)までご連絡いただければ新しい記録用紙を郵送します。

問い合わせ

  • 高齢者の方
    在宅支援課相談係(電話番号:03-6265-6483)
  • 身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている方
    生活福祉課障害者福祉係(電話番号:03-5211-4217)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部在宅支援課相談係
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-10
電話番号:03-6265-6483
ファクス:03-3265-1163
メールアドレス:zaitakushien@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?