• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 暮らし・手続き > 防犯 > 予防・啓発 > 防犯設備(防犯カメラ等)の整備等に対する補助金

ここから本文です。

更新日:2017年6月26日

防犯設備(防犯カメラ等)の整備等に対する補助金

事業内容

町会、PTA、商店街等の地域団体が設置する防犯設備(防犯カメラ、防犯灯、防犯ベル等)の費用の一部を補助します(注釈)。
補助内容や条件は、それぞれの項目をご参照いただき、補助金の交付を希望する場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。
(注釈) 一度費用の全部を負担していただく必要があります。

補助内容

防犯設備の新規設置経費

防犯カメラ・防犯灯・防犯ベル等、固定して設置される機器の整備に対し、費用の一部を補助します。

補助率・補助限度額一覧

 

地域団体

地域団体+地域団体

地域団体+商店街

商店街

商店街+商店街

補助率

12分の11

12分の11

12分の11

6分の5

6分の5

補助限度額

600万円(注釈)

750万円

750万円

600万円(注釈)

600万円(注釈)

(注釈) 工事完了後1年以内に次の条件(1と2)をすべて満たすことができる場合、補助率6分の5、補助限度額が750万円になります。

  1. 生活環境条例第23条に規定する協定(環境美化及び浄化に関する協定)を区と締結していること。
  2. 当該地区内の公共の場所で、環境美化・浄化活動を5年以上継続して実施できること。

防犯設備の再整備(交換)経費

区の補助金を利用して設置した防犯設備について、設置後一定年数を経過し、修繕ではその機能を維持することが困難となった設備に対し、再整備(交換)費用の一部を補助します。

補助率・補助限度額一覧

 

地域団体

地域団体+地域団体

地域団体+商店街

商店街

商店街+商店街

補助率

6分の5

6分の5

6分の5

3分の2(注釈)

3分の2(注釈)

補助限度額

600万円(注釈)

750万円

750万円

600万円(注釈)

600万円(注釈)

(注釈) 工事完了後1年以内に新規設置の(注釈)に記載する条件を満たすことができる場合、補助率が6分の5、補助限度額が750万円になります。

維持管理費

地域団体が管理する防犯設備について、電気料・通信費・保守点検費等の一部を補助します。

  1. 補助率:2分の1
  2. 補助限度額:50万円

申請するために必要な主な条件

  1. 事前に「安全・安心まちづくり推進地区」として区に申請し、選定を受けていること(ただし、商店街のみで設置する場合は不要)。
  2. 補助対象となる防犯設備は、固定して設置される防犯カメラ、防犯灯、防犯ベル等の機器で、専ら特定の私有財産または公有財産の保護・管理等に利用するものでないこと。
  3. 申請年度内に設置し、支払いを完了する見込みがあること(申請年度内に設置、支払いを完了していない場合、補助金の交付ができなくなります)。
  4. 設置作業開始までに、地域住民の防犯設備の設置に関する合意形成がなされていること。
  5. 5年以上継続して、防犯に関する地域活動(防犯パトロール等)を実施できること。
  6. 防犯カメラの整備は、千代田区防犯カメラの設置に関する基本方針に適合し、防犯カメラの設置、運用映像等の管理と利用について運用基準が定められていること。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部安全生活課安全生活係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4251

ファクス:03-3264-8956

メールアドレス:anzenseikatsu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?