更新日:2014年2月19日

ここから本文です。

ステップ3 地震がおさまったら

地震がおさまったら

  • ラジオやテレビなどからの災害の最新情報を入手
  • 建物の安全確認
  • あわてて外に飛び出さない
  • あわてて帰宅しない

避難は最後の手段です。

避難する場合

避難をする場合には、会社の指示にしたがって行動してください。

  • 丈夫な靴に履き替えます。
  • 会社が指示するルートで避難します。危険のおそれがあるので、近道をしてはいけません。

職場の役割分担に応じて行動しますが、指示などのないときは、次のようなことを優先します。人命救助と地域との協力が重要です。

  • けが人の手当てをします。重傷者は勝手に動かさず会社の救護の担当班に任せましょう。
  • 電話は真に緊急事態のときに限って使用します。
  • デマを広めてはいけません。
  • 車は使用しないでください。緊急車両の通行のために道路は開けてください。

重要な電話番号

このような内容を日頃からメモしておきましょう。

大地震の後の24時間は、真に緊急時以外は電話を使用しないでください。

項目 名称 電話番号

最寄りの警察署

   
最寄りの消防署    
かかり付けの医者    
病院    
休日・夜間の診療    
役所    
ガス漏れ    
電話局    
電気    
水道    
会社の緊急連絡先
事業所名
   
上司の電話番号    
会社    
自宅    
その他(注1)    
   
   
   
   

(注1)離れ離れになった家族との連絡拠点になる、遠隔地の親族や友人の名前と電話番号を控えてください。

お問い合わせ

政策経営部災害対策・危機管理課 

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4187

ファクス:03-3264-1673

メールアドレス:saigaitaisaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?