• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 子育て・教育 > 手当・助成 > 特定不妊治療費助成制度

ここから本文です。

更新日:2016年8月8日

特定不妊治療費助成制度

医療保険対象外である特定不妊治療(体外受精および顕微授精)の費用の一部を助成します。

助成対象

東京都の「特定不妊治療費助成承認決定通知書」を受けた夫もしくは妻自身で申請時に夫婦ともに千代田区に住所を有している方

助成内容

区助成の上限は1回(東京都の助成承認ごと)、125,000円です。

その内で、東京都の特定不妊治療費助成承認決定額の2分の1の額以下とし、かつ都から助成されたその回の助成対象治療費から、都の助成額を差し引いた額の範囲内で助成します。

例1:治療費が68万円の場合

今回の治療費:680,000円

(「東京都の特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し」の領収金額)

都の承認助成額:300,000円

この場合、治療費と都助成額との差額(380,000円)が都の助成承認決定額の2分の1(150,000円)の金額を上回るが、区からの助成は区助成上限額の125,000円となります

例2:治療費が35万円の場合

今回の治療費:350,000円

(「東京都の特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し」の領収金額)

都の承認助成額:250,000円

この場合、治療費と都助成額との差額(100,000円)が、都の承認決定助成額の2分の1(125,000円)の金額を下回るため、区助成額は100,000円となります。

例3:治療費が60万円の場合

今回の治療費:600,000円

(「東京都の特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し」の領収金額)

都の承認助成額:250,000円

この場合、治療費と都助成額との差額(350,000円)が、都の承認決定助成額の2分の1(125,000円)の金額より上回るため、区助成額は125,000円となります。

申請期間

東京都の助成の決定通知日から12か月以内に申請できます。

申請に必要な書類等

  1. 特定不妊治療費助成申請書(PDF:73KB)
  2. 請求書(PDF:71KB)
  3. 東京都の特定不妊治療費助成承認決定通知書の写し(原本を提示)
  4. 東京都の特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し(東京都へ提出する前にコピーをとってください)
  5. 印鑑
  6. 申請者の口座情報(通帳等)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局子ども部子育て推進課手当・医療係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4230

ファクス:03-3264-3988

メールアドレス:kosodatesuishin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?