• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 令和2年プレスリリース > 令和2年1月プレスリリース > 災害対策本部運営訓練を実施~迅速な対応のため、ロールプレイング方式で~(令和2年1月9日配信)

ここから本文です。

更新日:2020年1月9日

災害対策本部運営訓練を実施~迅速な対応のため、ロールプレイング方式で~(令和2年1月9日配信)

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

区は、阪神・淡路大震災の発災から25年を迎える本年1月17日に、千代田区災害対策本部運営訓練を行います。

この訓練は、大規模災害が発生したと想定して災害対策本部を設置し、災害情報の収集・整理・伝達を行うと同時に、状況の判断および意思決定を「疑似演習(ロールプレイング)」方式で行うものです。また、平成25年度から毎年行っており、今年で7回目です。

実施概要

日時

令和2年1月17日(金曜日)午前9時~11時45分

会場

区役所4階会議室(九段南1-2-1)
(注記) 実際の災害時も災害対策本部を開設する場所です。

訓練想定

  • 震源:東京湾北部 マグニチュード7.3
  • 震源の深さ:約20キロメートル
  • 最大震度7(千代田区は震度6強)
  1. フェーズ1:発災直後の想定
  2. フェーズ2:発災から3日目の想定

主な訓練内容

写真:昨年度の訓練の様子

  1. フェーズ1:発災直後の想定
    初動対応における災害対策本部内および防災関係機関との連携を重点とした訓練
  2. フェーズ2:発災から3日目の想定
    フェーズ1の即時対応段階から続く被害の拡大防止を図りつつ、被災者の支援体制の構築、施設等の応急復旧および救援物資等の受け入れ・分配などを重点とした訓練

お問い合わせ

災害対策・危機管理課(電話番号:03-5211-4187)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?