• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ここから本文です。

更新日:2018年10月17日

消費者だより

消費生活に関するタイムリーな話題をお届けします。

2018年10月号 新聞購読の契約期間や景品に注意

新聞の購読は契約期間を定める場合が多く、いったん契約すると、特別な事情がない限り、消費者の一方的な都合で解約することはできません。契約期間が終わるまで購読できるのかよく考えましょう。

 

相談事例

事例1 1年先の契約をしたが突然の転勤に

3か月間の契約終了後、新聞販売員に継続を断ると、1年後からまた3か月間取ってほしいと言われ、応じてしまった。
その後、海外転勤が決まったため、解約したい。

事例2 キャッシュバックが約束通り履行されない

新聞勧誘員から、3か月購読してくれたら3か月分キャッシュバックすると言われ、契約した。
しかし、いつになってもキャッシュバックしてくれないので、契約を止めたい。

気を付けるポイント

長期間の契約や数年先から始まる契約は避ける

将来の見通しは難しく、契約期間内に自分の健康状態や経済状況が変わることがあります。見通しが立つ範囲で契約をすることが大切です。

上限額を超える景品は受け取らない

新聞の公正競争規約では、景品類の上限額は、取引価格の8パーセント、または6か月分の購読料金の8パーセントのいずれか低い金額となっています。規約の上限額を超える景品を受け取ると、中途解約時に景品の代金相当額を請求されるなど、トラブルとなる場合があります。

クーリング・オフの活用

訪問販売で契約した場合は、購読契約書を受け取った日を含んで8日間は無条件で解約(クーリング・オフ)ができます。すぐに消費生活センターに相談してください。

バックナンバー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部商工観光課消費生活センター

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4314

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:shohi-c@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?