• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ここから本文です。

更新日:2018年12月11日

消費者だより

消費生活に関するタイムリーな話題をお届けします。

2018年12月号 架空請求のハガキにご注意を~ハガキの連絡先に連絡してはいけません~

「消費料金に関する最終告知のお知らせ」というハガキが届いたが、全く身に覚えがないという相談が増えています。
このようなハガキはいわゆる「架空請求のハガキ」です。何らかの名簿や住所録を入手した詐欺グループが、金をだましとる目的で、不特定多数の人にハガキを送りつけています。ハガキの連絡先には決して連絡せず、架空請求かどうか見分けがつかない場合や不安な場合は、消費生活センターへご相談ください。

被害事例

「民事訴訟管理センター」を名乗るところから「あなたが利用した会社から契約不履行による訴状が提出された」という内容のハガキが届いた。「裁判取り下げの連絡は、こちらで受け付けるので電話するように」と書いてある。「差し押さえ」「強制執行」などの言葉が書いてあり、心配になってハガキの連絡先に電話した。電話では「担当弁護士へ連絡するよう」指示され、そこへ電話をすると弁護士を自称する者から「和解を希望するなら取り下げ料10万円が必要。コンビニで支払うように」と言われた。その後、コンビニ端末で指示されたとおりに金を支払ってしまった。

架空請求ハガキの特徴

送付元が公的機関を思わせる名称

実際に存在するか調べると、公的機関とは一切関係がなく、名称を不正に使用しています。

請求元の会社名が書かれていない

通常、未払いなどの契約不履行を知らせる通知には、請求元の名称や請求内容が書いてあります。そのため、それを読めば自分でも心当たりがあるはずです。

裁判取り下げ期日が迫っている

受け取った人を慌てさせ、まわりに相談する暇なく電話させるよう仕向けています。

バックナンバー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部商工観光課消費生活センター

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4314

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:shohi-c@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?