トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 一時的にお子さんを預けたいとき > 千代田フレンズのサービス案内(子どもショートステイ、トワイライトステイ、日中一時預かり)

更新日:2020年7月15日

ここから本文です。

千代田フレンズのサービス案内(子どもショートステイ、トワイライトステイ、日中一時預かり)

「育児で疲れてしまった」「病気で子どもの面倒を見ることができない」「仕事と育児の両立が難しい」。そんな悩みがある中で、身近な親族などから支援が受けられず児童の養育が困難な場合に、一時的に児童を預かる事業を行っています。

参考:千代田フレンズのサービス案内(PDF:989KB)

提供サービスの概要

以下の3つのサービスを実施しています。詳しくは添付のチラシをご覧ください。

ショートステイ(宿泊)

対象児童

区内在住で集団生活を営むことができる2歳~小学生

実施日時

24時間365日

  • 入所時間:午前9時~午後10時
  • 退所時間:翌日午前9時~午後10時

利用上限

1回につき7日以内、1か月あたり7日以内

利用料金

1泊(24時間あたり)初日5,000円、2泊目以降3,000円

トワイライトステイ(夜間)

対象児童

区内在住で集団生活を営むことができる2歳~小学生

実施日時

日曜日・祝休日・年末年始を除く午後5時~10時

利用上限

1か月あたり7日以内

利用料金

1時間600円(利用1時間以降は、30分単位で計算)

日中一時預かり

対象児童

保育園等に未就園の2歳~小学校就学前の児童(注釈1)
(注釈1) 保育施設に入所している児童は、通園日以外に限り利用可能です。

実施日時

日曜日・祝休日・年末年始を除く午前9時~午後5時

利用上限

1児童につき1日8時間以内、月60時間以内

利用料金

1時間あたり、500円(利用4時間まで)または800円(利用4時間以降)(利用1時間以降は、30分単位で計算)

利用申請条件(子どもショートステイ、トワイライトステイ)

  • 区内に保護者と児童の住民票があること
  • 保護者の疾病などの条件に加え、一時的に家庭で養育することが困難であると区が認定した家庭

(注意) 育児疲れや保護者の疾患等により、育児支援が必要であるときは、原則として事前に区への相談が必要です。

相談窓口

千代田区立児童・家庭支援センター子ども家庭相談係

  • 住所:神田司町2-16 神田さくら館6階
  • 電話番号:03-5298-5521
  • 月曜日~金曜日の午前9時から午後5時まで(祝日・年末年始を除く)

お預かりする場所

千代田フレンズ

  • 住所:神田司町2-5 DeLCCS神田大手町7階
  • 電話番号:080-5544-6975

申し込み先・申し込み方法

  1. 千代田フレンズに問い合わせ、利用希望日の空き状況を確認する。
  2. 利用枠に空きがある場合は、必要書類を提出して申し込む。初めての利用の際は、事前に面接と施設見学を行い、利用料金(見込み額)を前払いする。

負担費用

  • 上記利用料金のほか、食事代、おやつ代、送迎費が別途必要です。
  • 料金は、児童を預ける際または迎えの際に現金でお支払いください(初めての利用の際は、原則として事前の支払い)。
  • 利用中に要した緊急の医療費、通園もしくは通学に要した交通費などは、実費分を直接施設へお支払いください。

減免制度

生活保護受給世帯や住民税非課税世帯、住民税均等割課税世帯の方が利用する際には、利用料金の減免制度があります。

申請する場合は、住民税課税証明書を添付してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局子ども部児童・家庭支援センター 

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-16 神田さくら館6階

電話番号:03-5298-2424

ファクス:03-5298-0240

メールアドレス:jidousenta@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?