• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 区の概要 > ようこそ千代田区へ > 区の花・区の木・区の鳥

ここから本文です。

更新日:2015年6月17日

区の花・区の木・区の鳥

一般公募により、昭和59年3月15日に制定しました。

区の花「さくら」

区の花「さくら」イメージ

日本人の心に咲き続けてきたさくらは、山桜・里桜・大島桜・彼岸桜等に大別されますが、栽培種を合わせると、数百種にものぼるといわれています。

区内には、いろいろな品種のさくらが植えられていますが、大半が生粋の江戸っ子桜「染井吉野」です。千鳥ヶ淵周辺の1,000本をはじめとして、約3,300本のさくらが、春には美しい姿で人びとの目を楽しませてくれます。

区の木「まつ」

区の木「まつ」イメージ

松は昔から、新春を祝う植物として用いられてきました。厳寒にも緑を失わず、数百年も生き抜き、長寿・節操の象徴として、人びとに親しまれてきました。

100近くの種類がある中で、区内にはクロマツが多く、皇居をはじめとして約6,800本が植えられています。また、皇居外苑の松は「日本の名松100選」に選ばれています。

区の鳥「はくちょう」

区の鳥「はくちょう」イメージ

皇居の松と石垣を背景に、お濠の水面に浮かぶ清楚な姿。

「白鳥をお濠に放つ会」の寄贈により、ドイツからはるばるやってきた24羽のこぶはくちょうが、初めて皇居に放されたのは、昭和28年12月26日でした。現在も皇居を訪れる多くの人々の目を楽しませてくれます。

お問い合わせ

政策経営部総務課総務係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4134

ファクス:03-3239-8605

メールアドレス:soumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?