• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成30年プレスリリース > 平成30年4月プレスリリース > 平成30年4月20日 日比谷図書文化館特別展 大正モダーンズ~大正イマジュリィと東京モダンデザイン~

ここから本文です。

更新日:2018年4月20日

平成30年4月20日 日比谷図書文化館特別展 大正モダーンズ~大正イマジュリィと東京モダンデザイン~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

画像:デザイン画日比谷図書文化館では平成30年6月8日(金曜日)から、「大正モダーンズ〜大正イマジュリィと東京モダンデザイン〜」を開催します。

大正〜昭和初期にかけて、マスメディアの発達、印刷技術の革新により、書籍、雑誌、パンフレット、絵はがき、広告など、「イマジュリィ」と呼ばれる大衆的な複製印刷物が数多く生み出されました。それに伴い出版界が隆盛し、竹久夢二や小村雪岱など、多くの人気画家たちが小説や雑誌の挿絵、書籍の装幀を手がけました。

また、この時代はキネマ(映画)、演劇、音楽、カフェ、モダンファッションなど、様々な大衆文化が花開いた時代であり、銀座をはじめとする東京がその中心であったと言えるでしょう。商業デザインという概念が生まれたのもこの頃で、杉浦非水はその先駆けと呼ばれました。

本展は、千代田区が東京ステーションギャラリーと共催で開催する「夢二繚乱」(平成30年5月19日〜7月1日)と連動して開催され、竹久夢二の生きた大正時代のデザインを紹介するものです。

雑誌や装幀、パンフレットやパッケージデザインなど、いまなお清新な輝きを放つ大正〜昭和初期にかけての様々なグラフィック・デザインを紹介します。

開催概要

会期

平成30年6月8日(金曜日)~8月7日(火曜日)
(注釈) 休館日:6月18日(月曜日)、7月16日(月曜日・祝日)

観覧時間

  • 平日:午前10時~午後8時
  • 土曜日:午前10時~午後7時
  • 日曜日:午前10時~午後5時
    (注釈) 入室は閉室の30分前まで

会場

日比谷図書文化館 1階 特別展示室

観覧料

一般300円、大学・高校生200円

千代田区民・中学生以下、障害者手帳などをお持ちの方および付き添いの方1名は無料
(注釈) 住所が確認できるもの、学生証、障害者手帳などをお持ちください。

主催

日比谷図書文化館

監修

山田 俊幸氏

協力

大正イマジュリィ学会

企画協力

キュレイターズ

本展のみどころ

杉浦非水の図案、商業デザイン

明治・大正・昭和デザインの第一人者、杉浦非水の図案、タバコパッケージデザインなどを紹介します。

竹久夢二、小村雪岱など多くの画家が手がけた書籍、雑誌、装幀、挿絵

出版文化が隆盛し、画家も装幀を手がけた大正時代。著名な画家が手がけた装幀を中心に、いまなお斬新なデザインの書籍・雑誌等を紹介します。

高畠華宵の表紙絵、口絵などから見るモダンファッション

当時の流行歌「銀座行進曲」の「華宵好みの君も行く」という歌詞からもわかるように、高畠華宵の作品に描かれた女性は、当時の流行の尖端でした。華宵の作品やデパートや化粧品の広告、マッチラベルを通して、大正から昭和にかけてのモダンデザインやライフスタイルを、東京を中心に紹介します。

展示構成

  • 第1章:大正のデザイン―杉浦非水と大正の商業図案
  • 第2章:東京大正パブリケーション―美術家たちの挑戦
  • 第3章:子供ワールドと華と女性―カワイイの原点
  • 第4章:新時代のジャポニスム―小村雪岱と浮世絵イマジュリィの世界
  • 第5章:ポップ・カルチャーの洗練―映画、演劇、舞踊、音楽のパンフレットデザイン
  • 第6章:銀座・東京モダニズム―大正のファッション&ライフスタイル
    (注釈) 展示構成は一部変更する場合があります。

関連イベント

講演会「大正のモダンデザインと竹久夢二」

日時

6月17日(日曜日)午後2時~3時30分(午後1時30分開場)

場所

日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)

講師

冨田 章氏(東京ステーションギャラリー館長)

定員

180名(事前申込順、定員になり次第締切)

参加費

500円

申込み

ホームページの申込みフォーム、電話(03-3502-3340)、来館(1階受付)のいずれかにて1.講座名、2.お名前(ふりがな)、3.電話番号をご連絡ください。

ワークショップ「かわいい紙を貼って、レターボックスをつくる!」

日時

7月18日(水曜日)午後2時~3時30分(午後1時30分開場)

場所

日比谷図書文化館 4階 スタジオプラス(小ホール)

講師

大西 景子氏(BOX&NEEDLE代表)

定員

30名

参加費

1,500円(材料費込み)
(注釈) 参加に際しては、はさみ、鉛筆をお持ちください。

申込み

ホームページの申込みフォーム、電話(03-3502-3340)、来館(1階受付)のいずれかにて1.講座名、2.お名前(ふりがな)、3.電話番号をご連絡ください。
※ 6月8日(金曜日)から申込受付開始

ギャラリートーク

日時

6月9日(土曜日)午後1時~1時45分

場所

日比谷図書文化館1階 特別展示室

講師
  • 山田 俊幸氏(本展監修者)
  • 永山 多貴子氏(郡山市立美術館学芸員)
定員

30名程度

参加費

無料(特別展の当日利用券が必要となります)

申込み

不要 (直接会場にお越しください)

お問い合わせ先

千代田区立図書館 広報室(電話番号:03-3502-3342<日比谷図書文化館>)
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4
ホームページ:https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?