トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 令和元年10月から児童発達支援等の無償化が始まります

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

令和元年10月から児童発達支援等の無償化が始まります

令和元年10月1日からの幼児教育・保育の無償化にあわせて、3歳から5歳までの子どもの児童発達支援等の利用者負担が無償化されます。

詳細は、「児童発達支援等の無償化チラシ(PDF:462KB)」をご覧ください。

対象期間

満3歳になって初めての4月1日から小学校入学前までの3年間

無償となる支援サービス

児童福祉法に基づく以下の支援サービスが無償化されます。

  • 児童発達支援
  • 福祉型障害児入所施設
  • 医療型児童発達支援
  • 医療型障害児入所施設
  • 居宅訪問型児童発達支援
  • 保育所等訪問支援

(注意) 利用者負担以外の費用(医療費や、食費等の現在実費で負担しているもの)については無償化の対象外です。

手続き等

特別な手続きは、必要ありません。

ご利用のサービス事業所がお子様の生年月日により無償化の対象であることを確認します。

受給者証に関することは児童・家庭支援センター発達支援係にお問い合わせください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局子ども部児童・家庭支援センター 

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-16 神田さくら館6階

電話番号:03-5298-2424

ファクス:03-5298-0240

メールアドレス:jidousenta@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?