• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 納税方法 > 住民税の公的年金からの特別徴収(引き落とし)

ここから本文です。

更新日:2017年10月12日

住民税の公的年金からの特別徴収(引き落とし)

公的年金等を受給していて、住民税の納税義務がある方は、平成21年10月以降、公的年金から特別徴収(引き落とし)されています。

対象となる方

対象となるのは、以下の全てに該当する方です。

  1. 4月1日現在で65歳以上の方
  2. 老齢基礎年金等の年額が18万円以上ある方
  3. 老齢基礎年金等の年額が特別徴収すべき住民税額より大きい方
  4. 1月1日から引き続き千代田区にお住まいの方
  5. 介護保険料を特別徴収で納めている方

住民税の引き落としのため、非課税の方は対象になりません。

特別徴収(引き落とし)の対象となる年金

老齢基礎年金または昭和60年以前の制度による老齢年金、国民年金、厚生年金、共済年金等が対象になります。
障害年金および遺族年金などの非課税の年金は、住民税の引き落としの対象になりません。

注意

公的年金から特別徴収となる税額は、公的年金等の所得に係る住民税のみです。
公的年金のほかに、給与所得、不動産所得などがある場合、公的年金以外の所得に係る住民税については、給与からの特別徴収および普通徴収の方法で納めてください。

徴収の方法

厚生労働大臣(日本年金機構)などを特別徴収義務者として、年6回、偶数月の年金給付支払いの際に、特別徴収(引き落とし)します。

お問い合わせ

地域振興部税務課課税係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4191

ファクス:03-3264-4085

メールアドレス:zeimu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?