トップページ > まちづくり・環境 > 申請書・届け出用紙/刊行物/データ集 > 解体工事・特定建設作業に関する申請書・届出様式

更新日:2022年7月26日

ここから本文です。

解体工事・特定建設作業に関する申請書・届出様式

解体工事

解体床面積80平方メートル以上の建築物の解体工事を行う場合、届出を提出してください。

届出作成にあたっては、建築物解体工事計画の事前周知要綱の概要をご一読のうえ、作成してください。

(注意) 大気汚染防止法の改正に伴い、報告書の様式を変更しました。

1つの建築計画等で解体する建築物が複数ある場合は、「【別紙】建築物詳細」に必要事項を記載してください。

特定建設作業

騒音規制法、振動規制法に定められた特定建設作業を行う際は、下記の記入例を参考に、作業開始の中7日前までに届出書と必要書類を添付して提出してください。

騒音

振動

特定建設作業の延長について

特定建設作業の実施期間を延長する場合、特定建設作業の実施期間の延長について申請が必要となります(正副2部)。

届け出は、作業実施届に記載された期間内に提出してください。

延長期間は7日間を限度とし、1度のみ延長が可能です。

なお、実施期間を終了している場合、または8日間以上の延長が発生する恐れのある場合は、新規の特定建設作業実施届出書の提出が必要となります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境まちづくり部環境政策課公害指導係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4254

ファクス:03-3264-8956

メールアドレス:kankyouseisaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?