• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > お子さんの健康と相談 > 新生児聴覚検査費用の助成

ここから本文です。

更新日:2019年3月11日

新生児聴覚検査費用の助成

都内の区市町村では、新生児聴覚検査費用の一部助成を平成31年4月から開始します。指定医療機関へ「新生児聴覚検査受診票」を提出し、受診してください。

これは、すべての赤ちゃんに安心して新生児聴覚検査を受けていただくためのものです。

対象者

平成31年4月1日以降に生まれる赤ちゃん

受診票の配布方法

平成31年4月1日以降は妊娠届の提出時に配布します。

平成31年3月以前に区へ妊娠届を提出した方のうち、出産予定日が平成31年4月以降の方には3月末に郵送します。4月を過ぎても新生児聴覚検査受診票が届かない場合は、電話またはEメールで問い合わせ先へご連絡ください。

受診票を利用できる医療機関

都内の指定医療機関で利用できます。
(注意) 指定医療機関については3月下旬に掲載予定です。

里帰り出産により都外の医療機関で受診する場合は、いったん全額を自己負担でお支払いいただき、後日申請により助成対象額を還付します(上限があります)。

詳しくは、里帰り出産等新生児聴覚検査費用助成をご覧ください。

受診票使用上の注意

  1. 新生児聴覚検査にかかる費用を、助成限度額の範囲内で助成します。
    助成限度額を超える額および助成対象外の検査にかかる費用は自己負担になります。
  2. 次の場合は助成対象になりません。
    • 平成31年3月31日以前に出生した場合
    • 自動聴性脳幹反応(自動ABR)、耳音響放射(OAE)以外の検査方法の場合
  3. 他の道府県に転出された場合は、受診票を使用できません。
    転出後については転出先の自治体へお問い合わせください。なお、都内での転居の場合は、受診票をそのまま使えます。
  4. 受診票は原則として再発行できません。
    汚損した場合は、汚損した受診票を引き換えに新しい受診票をお渡しします。

区に転入してきた妊婦さんへ

都内からの転入

転入前の自治体で交付された受診票をそのまま使用できます。

都外からの転入

受診票を交付しますので、健康推進課(千代田保健所5階)の窓口へお越しください。

お問い合わせ

千代田保健所健康推進課保健予防係

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-14 

電話番号:03-5211-8172

ファクス:03-5211-8192

メールアドレス:kenkousuishin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?