トップページ > 暮らし・手続き > 男女平等・人権 > 人権啓発・人権相談 > AV出演強要問題・「JKビジネス」問題

更新日:2020年9月4日

ここから本文です。

AV出演強要問題・「JKビジネス」問題

近年、いわゆるアダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」と呼ばれる営業により、児童が性的な被害に遭う問題等が発生しており、若年層の女性に対する性的な暴力の問題は深刻な状況にあります。

その契約、大丈夫?~AV出演強要問題とは~

モデルやアイドル等の勧誘を受け、アダルトビデオに出演するという認識がないままプロダクションと契約した若年層の女性が、その後アダルトビデオに出演するとわかり断ろうとしても、「契約だから」「違約金が発生する」「親にばらす」等と脅され、本人の意に反して出演を強要されるものです。

アダルトビデオ出演強要問題には、以下のような危険性が考えられます。

  • 衆人環視のもとで性行為を強要され、身体的、肉体的な被害を受ける。
  • 一度出演すると、抜け出すことが困難になる。映像が繰り返し使用・流通されることにより二次被害に苦しみ続ける。
  • 親や友人に知られないかおびえる。
  • 知られることにより、人間関係が壊れる、学校や職場にいづらくなる。

そのアルバイト、大丈夫?~「JKビジネス」問題とは~

主として「JK」、すなわち「女子高校生」等の児童を雇い、表向きは健全な営業を装いながら、「裏オプション」等と称し、性的なサービスをさせ、児童の性を売り物とする営業のことです。大都市圏を中心に、「カフェ」や「散歩」等、多様な形態が存在しています。

「JKビジネス」問題には、以下のような危険性が考えられます。

  • 児童が危険性を十分認識しないまま接近し、重大な性被害につながる。
  • 性に関する判断力の低下や金銭感覚の欠如を招く。
  • 個人情報流出やトラブルの原因となる。

あなたや大切な人が被害にあわないために

AV出演強要問題・「JKビジネス」問題は、被害にあっても恥ずかしさや誤解への恐怖等から、「誰にも知られたくない」と家族や友人にも相談できず、被害が顕在化しにくいことが、さらに状況を深刻化させています。

これらの問題は、いずれも女性に対する暴力に当たり、重大な人権侵害であるとともに、安全で安心な暮らしの基盤を揺るがすものです。

内閣府は、平成29年4月を「AV出演強要問題・「JKビジネス」問題等被害防止月間」と位置付け、この問題の被害事例や注意喚起を呼び掛けるサイトを設けており、相談窓口の案内も行っています。

詳しくは、若年層を対象とした性的な暴力の啓発(内閣府男女共同参画局ホームページ)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

内閣府提供バナー
若年層を対象とした性的な暴力の啓発(内閣府男女共同参画局ホームページ)(外部サイトへリンク)

こころの相談窓口

千代田区男女共同参画センターMIW(ミュウ)でも、相談を受け付けています。(事前予約制)

被害に遭って困っている。どこに相談すればよいかわからない。

誰にも相談できず、一人で悩んでいませんか。

秘密は守られ、安心して相談できる場所があります。一人で悩まず、相談してください。

お問い合わせ

地域振興部国際平和・男女平等人権課男女平等人権係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4166

ファクス:03-3264-1466

メールアドレス:kokusaidanjo@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?