トップページ > まちづくり・環境 > 生活環境 > 生活環境条例 > 屋内喫煙所設置助成事業の概要

更新日:2021年1月8日

ここから本文です。

屋内喫煙所設置助成事業の概要

区では、喫煙者と非喫煙者の共生を図ることを目的として、民間ビルの空き店舗等を活用した屋内喫煙所の設置に対する助成事業を行い、喫煙所の設置を積極的に推進しています。

助成事業を活用して設置した屋内喫煙所については、「無料喫煙所(公衆喫煙所)のご案内」をご覧ください。

助成内容

1.設置経費

助成区分

助成額

助成限度額

助成期間

助成対象

初期費用助成

10分の10

700万円

原則1回限り

給排気設備(換気扇、ダクト工事など)、空気清浄機、灰皿・椅子等設備など

更新費用助成

10分の10

300万円

1助成期間につき1回

給排気設備(換気扇、ダクト工事など)、空気清浄機、灰皿・椅子等設備などの再整備(交換・修理等)

2.維持管理経費

助成区分

助成額

助成限度額

助成期間

助成対象

維持管理費用助成

5分の4

年額240万円(注釈)

運営開始日から5年間(再申請可)

賃料または賃料相当額、電気代、空気清浄機の保守、火災保険料、清掃・ゴミ処理委託経費など

(注意) 年度の中途において屋内喫煙所を設置した場合は、月割で計算します。

対象となる喫煙所

誰もが利用できる無料の屋内喫煙所で、次の要件をすべて満たすことが必要です。

項目

必要要件

(1)設置場所

  1. 千代田区内の公道に面する建物に設置し、直接出入りできる。
  2. 喫煙所の全部または一部を建物の1階に設置する。

(注意) ただし、以下の要件を満たせば1・2に該当しない喫煙所であっても助成対象となります。

  • 喫煙所であることを建物の入り口(建物が公道から奥まっている場合は、公道沿いの敷地内)に明確に表示し、建物内に喫煙所までのルート案内を表示すること。

(2)付帯設備

  1. 喫煙所の室外から室内への風速を0.2メートル毎秒以上確保すること。
  2. 給排気設備を設け、喫煙所の室内から空気を屋外に排気すること。
  3. 出入口に扉を設け、壁、天井等により喫煙所の室外と完全に区画されていること。

(3)標識

  1. 喫煙所の出入口に当該喫煙所が喫煙を目的とすることが分かる標識を提示すること。
  2. 喫煙所に20歳未満の人の立入りが禁止されていることが分かる標識を提示すること。

(4)運営時間・期間

  1. おおむね1日8時間以上かつ週5日以上運営する。
  2. 助成開始後5年間は、運営を継続する。

(注意) 5年間運営を継続できなかった場合、助成金の一部を返還していただきます。

(5)その他

  1. 法令に抵触せず、公序良俗に反しない形態および運営である。
  2. 近隣の居住者、店舗、事業者、町会等から、設置についての了解が得られる。
  3. 利用料は無料とし、誰もが利用できる喫煙所である。
  4. 喫煙所の周知について区が行う事業に協力する。

助成金の申請手続き

事前に必ずご相談のうえ、申請に必要な書類を提出してください。
詳しくは、「千代田区屋内喫煙所設置助成事業パンフレット(PDF:444KB)」をご覧ください。

商工融資あっせん制度との併用(商工観光課商工融資係)

「地球温暖化・環境対策特別資金の環境対策資金」において屋内喫煙所に要する資金として、利子補給が受けられる場合もあります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部安全生活課安全生活係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4251

ファクス:03-3264-8956

メールアドレス:anzenseikatsu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?