更新日:2020年5月29日

ここから本文です。

たばこと健康

5月31日は「世界禁煙デー」

WHO(世界保健機関)は、5月31日を「世界禁煙デー」と定め、国内では厚生労働省が5月31日(日曜日)~6月6日(土曜日)を「禁煙週間」としています。

令和2年度は、「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」を禁煙週間のテーマとし、禁煙および受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行うものです。

たばこの煙が健康に悪い影響を与えることは明らかであり、喫煙者本人はもとより、その周囲の人に対して、急性心筋梗塞、肺がん、ぜんそく等の病気を発症する危険性があります。

世界禁煙デー、禁煙週間を機会に、禁煙や受動喫煙防止について考えてみましょう。

受動喫煙とは

喫煙者と同じ空間にいる人が、他人の吸ったたばこの煙を自分の意思とは関係なく吸い込むことを言います。たばこの煙は、たばこを吸う人が直接吸い込む「主流煙」と、火のついたたばこの先の部分から出る「副流煙」に分かれ、副流煙には主流煙と同じく体に有害な発がん性物質等の多くの化学物質が含まれており、ニコチン、タール、一酸化炭素などの成分量は、喫煙者が吸い込む煙(主流煙)よりも多く含まれています。

日本では、受動喫煙による年間死亡者数は推定1万5千人と言われており、受動喫煙は肺がんや虚血性心疾患等、様々な疾患と関連することが明らかとなっています。

望まない受動喫煙を防止し、自らの意思で受動喫煙を避けることのできる環境の整備を促進することにより健康への悪影響を未然に防止することを目的として、国および都では「改正健康増進法」「東京都受動喫煙防止条例」を制定し、令和2年4月1日から全面施行されました。これにより、2人以上の人が利用する施設は原則屋内禁煙となり、決められた場所以外では喫煙できず、20歳未満の方の喫煙エリアへの立ち入りは禁止され、飲食店は店頭等に禁煙などの標識掲示が義務づけられました。

そして、施設管理権限者や喫煙者に対し、以下のとおり受動喫煙についての配慮義務が明示されています。

  • 「喫煙禁止場所以外で喫煙をする際、望まない受動喫煙を生じさせることのないよう周囲の状況に配慮しなければならない」(改正健康増進法第27条)
  • 「喫煙及び受動喫煙が健康に及ぼす悪影響について理解を深めるとともに、他人に受動喫煙をさせることのないよう努めること」(都受動喫煙防止条例第4条)

「東京都受動喫煙防止条例」(外部サイトへリンク)

「厚生労働省 受動喫煙対策」(外部サイトへリンク)

「日本医師会 受動喫煙のリスク」(外部サイトへリンク)

喫煙マナーを守りましょう

喫煙者は、受動喫煙によるたばこの影響を正しく理解し、特に妊婦や子どもの近くでは喫煙しないようにしましょう。誰もが気持ちよく過ごせる受動喫煙のない千代田区を目指しましょう。

参考:加熱式たばこについて

たばこ葉またはその加工品を加熱して発生する蒸気を吸引する製品が加熱式たばこです。

加熱式たばこの主流煙(蒸気)にも、有害物質が含まれていることが明らかとなっていますが、販売されて間もないこともあり、現時点までに得られた科学的知見では、加熱式たばこの受動喫煙による将来の健康影響を予測するまでには至っていません。

参考:「厚生労働省 受動喫煙対策(外部サイトへリンク)」のページの「加熱式たばこにおける科学的知見」をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症とタバコについて

新型コロナウイルス感染症が広がる中、喫煙歴がコロナ重症化の要因となるとの指摘もあります。

日本呼吸器学会によると、

1.喫煙は新型コロナウイルス肺炎重症化の最大のリスクです

中国・武漢を中心に新型コロナ患者1,099名の臨床データを分析した研究では、喫煙者は人工呼吸器が装着される、あるいは死亡する危険性が非喫煙者の3倍以上になることが明らかになりました。

年齢や基礎疾患(糖尿病、高血圧など)と比べても、重症化の最大のリスクであることも報告されており、世界保健機関(WHO)も新型コロナウイルス肺炎対策として「禁煙すること」を強く推奨する声明を出しています。

2.三密(密閉・密集・密接)の喫煙室は濃厚接触の場です

密閉された狭い空間で大勢が喫煙する喫煙室は三密の典型です。実際に喫煙室での感染が疑われる事例も報道されており、三密の場である喫煙室の使用は感染の危険と隣り合わせです。

3.家にいても家族・近隣への受動喫煙を増やさないでください

緊急事態宣言発出後、全国で在宅勤務や外出の自粛が求められており、自宅で家族と過ごす時間が増えていますが、その結果受動喫煙が増えてしまうと家族の健康を害します。ベランダや台所の換気扇の下で喫煙しても家族の受動喫煙はなくならず、隣家への受動喫煙によるトラブルも発生しています。周囲の受動喫煙をなくす唯一の方法は、禁煙することです。

4.あなた自身と家族、同僚を守るため、この機会に禁煙を

今こそ禁煙のチャンスです。禁煙外来は、2020年度より、スマホやオンライン診療が認められ、禁煙治療を受けやすくなりました。

参考:「新型コロナウイルス感染症とタバコについて(PDF:630KB)」(一般社団法人日本呼吸器学会 2020年4月20日)

たばこをやめようかなと思っている方へ

禁煙したいと思っても禁煙できないのは、意志が弱いためではなく、ニコチン依存症があるためです。ニコチンガム、ニコチンパッチ、飲み薬等の禁煙補助薬を使うと禁煙しやすくなります。一定の基準を満たした方の医療機関での治療には保険が適用されます。
また、薬局・薬店で買える薬もあり、区内の禁煙支援薬局では無料で相談も受けられます。
医師や専門家に相談しながら、禁煙にチャレンジしてみませんか。

禁煙支援薬局で禁煙相談

千代田区禁煙支援薬局では、禁煙相談を無料で受けられます。

  • 禁煙したいけど、できそうにない
  • どうしたら禁煙できるの
  • 以前、禁煙にトライしたが挫折した
  • とりあえず、禁煙の情報が欲しい
  • 禁煙補助薬はどのように使うの

そのような時、「千代田区禁煙支援薬局」ステッカーの貼ってある薬局へ行きましょう。禁煙の進め方や、ご自身に合う禁煙方法について、薬剤師が相談に応じます。たばこに関する正しい知識や、禁煙に関するパンフレットを入手できます。どなたでも利用できますので、禁煙支援薬局へ直接、足を運んでみてください。

千代田区禁煙支援薬局マーク
千代田区禁煙支援薬局は21か所です。
このマークは、区内禁煙支援薬局に掲示しています。

注意:

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

【受動喫煙防止】
保健福祉部生活衛生課受動喫煙防止担当
〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1
電話番号:03-5211-3669
ファクス:03-3288-1368
メールアドレス:minpakushidou@city.chiyoda.lg.jp

【禁煙相談】
千代田保健所健康推進課健康推進係
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-14
電話番号:03-5211-8171
ファクス:03-5211-8192
メールアドレス:kenkousuishin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?