トップページ > 健康・福祉 > 健康 > 心の健康づくり > 自殺対策~心の不調を感じたら~

更新日:2022年9月9日

ここから本文です。

自殺対策~心の不調を感じたら~

東京都自殺相談ダイヤルーこころといのちのほっとライン

  • 電話番号:0570-087478(ナビダイヤル)

東京いのちの電話(社会福祉法人いのちの電話)

  • 電話番号:03-3264-4343
    受付時間:24時間(年中無休)
  • 電話番号:0120-783-556
    受付時間:毎月10日 午前8時から24時間

目次

千代田区の自殺者数・自殺死亡率の推移

画像:千代田区の自殺者数・自殺死亡率の推移

千代田区の自殺者数・自殺死亡率の推移
(地域自殺実態プロファイルによる報告)

世界保健機構(2016)によれば、我が国の自殺死亡率は世界で6番目に高くなっています。1998年以来、自殺者数は14年連続して3万人を超えていましたが、2011年以降は3万人を下回り2019年には1万人台までになりました。

しかし、2020年には2万人を越えています。2020年の千代田区の自殺死亡率(注釈1) は全国、および東京都全体を上回る結果になっています。

なかでも20代の自殺死亡率は35.3ポイントであり、全国の17.2ポイント、東京都の18.7ポイントを上回る数字となっています。

(注釈1) 人口10万人あたりの自殺者数

自殺のサイン

  1. うつ病の症状(気分が沈む、自責感、仕事の能率が落ちる、不眠が続く)
  2. 原因不明の身体の不調が長引く、重症の体の病気にかかる
  3. 飲酒量が増す
  4. 仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う
  5. 職場や家庭でのサポートが得られない
  6. 本人にとって価値のあるもの(職、地位、家族、財産)を失う
  7. 自殺を口にする
  8. 自殺未遂におよぶ

こころの健康チェック表~K6 日本語版~

K6はうつ病や不安障害などの精神疾患をスクリーニングすることを目的としています。一般住民を対象としており、心理的ストレスを含む何らかの精神的な問題の程度を表す指標として利用されています。合計点が高いほど、精神的な問題がより重い可能性があるとされています。

ひとつのチェック表でひとりの人間のことが理解されるわけではありません。医療機関では複数の検査やチェック表、医師や心理士等による対話での評価も組み合わせて総合的・全体的に診断を下すものです。このチェック表の結果だけを鵜呑みにせず、参考程度にK6 日本語版をご利用ください。

K6 日本語版(PDF:551KB)

こころの不調を感じたら

  • 誰かに相談しよう
    自分でできるストレス対処法を実践したり、家族や友人などに話を聞いてもらっても、気持ちが落ち込む、何をするにもおっくう、眠れないといった症状が続く場合には、一人で抱え込まず、医師やカウンセラーなど専門家の力を借りましょう。
  • からだに現れるサインにも気を付けよう
    ストレスが重なると、からだにも何らかの症状が現れることがあります。“いつもと違う”状態が続いたら、放置せず、かかりつけ医や下記の相談窓口に相談してみましょう。早めの対応がこころの病気になるのを防ぎます。

(注意) 上記の内容は以下の外部サイトを参考に作成しています。

こころの不調を感じたら(東京都福祉保健局ホームページ)(外部サイトへリンク)

千代田区で行っている自殺対策事業

区では自殺対策は地域全体で解決すべき課題であると考えています。2019年千代田区自殺対策計画を策定し、さまざまな取り組みの推進を行ってきました。

画像:千代田区自殺対策計画 表紙(PDF:4,691KB)

  • ゲートキーパー養成講座
    自殺のリスクがある人に“気づき”、寄り添うように“話を聴き”、そのうえで必要な支援に“つなぎ”、“見守る”という4つの大切な役割を担う人がゲートキーパーです。私たち一人ひとりが「大切な誰か」のかけがえのない命の門番になりましょう。
  • 心の相談室
    心に関係する不調はありませんか。区ではさまざまなこころの症状に、精神科医と心理士・精神保健福祉士による心の相談室を実施しています。
  • 精神保健福祉講演会
    「心の健康」について普及を図るため、専門医によるテーマに沿った講演会を開催しています。
  • 自殺予防週間・対策強化月間での普及啓発
    予防週間・対策月間(9月・3月)に合わせ、普及啓発物品を配布するほか、広報媒体を活用し、自殺予防に関する正しい知識の普及と支援先の情報周知を図ります。

詳しくは千代田保健所健康推進課までお問い合わせください。

相談窓口

画像:こころといのちの相談・支援 東京ネットワーク 表紙

こころといのちの相談・支援 東京ネットワーク 相談窓口一覧 (発行・編集)東京都福祉保健局保健政策部健康推進課(PDF:768KB)

悩み事やつらい事は、一人で抱え込んでいるとどんどん膨らみ、抱えきれなくなってしまうことがあります。しかし、身近な人に相談するのは抵抗を感じるかもしれません。そんな時には公的な相談窓口を利用するという方法もあります。まずは気軽に相談してみましょう。

画像:千代田区 身近にある相談窓口一覧

千代田区 身近にある「相談窓口」一覧(PDF:565KB)

  • こころの健康相談統一ダイヤル(厚生労働省)
    電話番号:0570-064-556
    電話をかけた所在地の公的相談機関につながります。相談対応日時は、地域により異なります。

生きることに疲れている方

  • 東京都自殺相談ダイヤル(こころといのちのほっとライン)
    電話番号:0570-087478(ハナシテナヤミ)
    受付時間:12時~翌朝午前5時30分(年中無休)
    LINEでも相談できます。
    受付時間:午後3時~10時30分(年中無休)
    アカウント名:相談ほっとLINE@東京
  • 東京いのちの電話(社会福祉法人いのちの電話)
    “生きていくのが辛い、家族や友人が心配な方へ”
    電話番号:03-3264-4343
    受付時間:24時間(年中無休)

遺族のかた

画像:大切な人を突然亡くされた方へ相談窓口一覧 表紙

身近な人、大切な人を突然亡くされた方へ~あなたはひとりではありません~(発行)東京都福祉保健局保健政策部健康推進課(PDF:2,321KB)

  • 自死遺族相談ダイヤル(NPO法人全国自死遺族総合支援センター)
    “身近な人、大切な人を突然亡くされた方へ”
    電話番号:03-3261-4350
    受付時間:毎週木曜日 午前10時~午後8時
    毎週日曜日 午前10時~午後6時
    (注意) 祝祭日はお休み
  • 自死遺族傾聴電話(NPO法人グリーフケア・サポートプラザ)
    “つらい思いを話せる場所があります”
    電話番号:03-3796-5453
    受付時間:12時~午後4時(火曜日、木曜日、土曜日)

他にも貧困・法律問題・いじめ・DV・ハラスメント・労働問題・ひとり親家庭の相談、人権問題・犯罪被害についての相談窓口もあります。

どこに相談していいかわからないという場合の相談窓口もありますので、詳細は「こころといのちの相談・支援 東京ネットワーク相談窓口一覧(発行・編集)東京都福祉保健局保健政策部健康推進課(PDF:768KB)」をご覧ください。

ゲートキーパー養成講座

生きづらさを感じている人の中には、自分では気が付かないうちに心の病気を抱えている人もいます。
あなたの周りに「最近元気がない」「笑顔が減った」「いつもと違う」などと感じる人はいませんか。

気になる人がいたら、勇気を出して声かけをしてください。
「あなたのことを心配している」という気持ちを伝えてあげましょう。
相手のことを想う気持ちと、勇気ある行動で救える命があります。

ゲートキーパーとは、身近な人の自殺のサインに「気づき」、「話しを聴き」、必要な支援に「つなぎ」「見守る」という4つの役割があります。一人でも多くのかけがえのない命を守るために、区では毎年「ゲートキーパー養成講座」を開催しています。

職員対象 ゲートキーパー養成講座

小さな気づきが支えの一歩

日時 令和4年10月19日(水曜日)
会場 区役所
開催方法 講義形式
講師

渡辺 和弘さん

NPO法人地域福祉推進事業団

いのちのほっとステーション代表理事

参加対象者 区役所職員等
備考 修了者には修了証を発行します。

企業のかた対象 ゲートキーパー養成講座

身近な人の「いつもと違う」に気づこう

日時 令和4年12月を予定
開催方法 オンライン形式
講師

渡辺 和弘さん

NPO法人地域福祉推進事業団

いのちのほっとステーション代表理事

参加対象者 千代田区の民間企業の従業者
備考 修了者には修了証を発行します。

大学関係者対象 ゲートキーパー養成講座

身近な人の「いつもと違う」に気づこう

日時 令和4年11月を予定
会場 企画中
開催方法 企画中
講師

渡辺 和弘さん

NPO法人地域福祉推進事業団

いのちのほっとステーション代表理事

参加対象者 千代田区内の大学に在籍する学生・教職員
備考 修了者には修了証を発行します。

精神保健講演会

内容とスケジュールが確定ししだい、お知らせします。

普及啓発物

予防週間・対策月間には普及啓発物を配布しています。

マスクケース

画像:マスクケース 表

画像:マスクケース 裏

ご相談は

千代田保健所 健康推進課 保健相談係
電話番号:03-5211-8175
相談日時:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時

その他、さまざまな相談窓口は千代田区ホームページ内「区民相談室とその他の相談窓口での相談」をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

千代田保健所健康推進課保健相談係

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-14 

電話番号:03-5211-8175

ファクス:03-3262-1160

メールアドレス:kenkousuishin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?