トップページ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 日常生活の支援・地域の支え合い > 高齢者虐待ゼロのまちづくりハンドブック「ノックの手帳」(改訂版)

更新日:2016年5月11日

ここから本文です。

高齢者虐待ゼロのまちづくりハンドブック「ノックの手帳」(改訂版)

表紙:ノックの手帳

千代田区では、「虐待を起こさない、起こらないまち」「高齢者を尊ぶまち」をスローガンに、「高齢者虐待ゼロのまち」を目指しています。区民の方それぞれが高齢者への虐待に気づいたり、予防するためのきっかけや参考資料になるように、高齢者虐待ゼロのまちづくりハンドブック「ノックの手帳」を改訂しました。

「ノック」という言葉には、内側からのSOSのサインとしてのノックを聞き逃さないようにしようという意味と、同時に介護する人も高齢者自身も、勇気を出して相談してほしい、ノックしてほしいという願いも込められています。虐待に至った背景には、介護の深い苦悩が伺われます。孤立と後悔で押しつぶされそうになっている心の扉を、みんなの小さな「ノック」で、支えてほしいと願っています。「ノック」から始まる一人ひとりのアクションが、見守りのネットワークとなるよう、ご賛同とご協力をお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部在宅支援課相談係

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-10 高齢者総合サポートセンター かがやきプラザ

電話番号:03-6265-6483

ファクス:03-3265-1163

メールアドレス:zaitakushien@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?