トップページ > 暮らし・手続き > 問合せ・相談窓口 > 千代田区虐待防止強化期間(11月1日~12月10日)の取り組み・相談

更新日:2020年10月28日

ここから本文です。

千代田区虐待防止強化期間(11月1日~12月10日)の取り組み・相談

11月1日~12月10日は、区の虐待防止強化期間です。

子育て・介護へのストレスや、経済的な問題、孤立感など、さまざまな要因が虐待や暴力につながります。

本人に虐待や暴力をしている、されている自覚がない場合もあります。これらの問題に一人ひとりが関心を持ち、小さなSOSを見逃さないようにしましょう。

画像:虐待防止強化期間チラシ(PDF:527KB)

虐待・暴力とは

あなたの身の回りでこんなことが起きていませんか。

虐待や暴力は、なぐる・けるなど、身体的に危害を加えることだけではありません。次の行為も虐待や暴力になります。

大声でどなる、おどす、何を言っても無視する、家に閉じ込める、子どもの目の前で家族に暴力をふるう、交友関係を細かく監視する、必要な生活費・年金を渡さない、適切な衣食住の世話をせず放置する、わいせつな映像を無理に見せる など

虐待・暴力に気付いたら、すぐに相談してください

緊急の場合

子どもへの虐待に気付いたら、子育てに悩んでいたら

障害者への虐待に気付いたら、介護に悩んでいたら

高齢者への虐待に気付いたら、介護に悩んでいたら

DV(配偶者や交際相手からの暴力)と思ったら、パートナーとの関係に悩んでいたら

オレンジ・パープルリボンキャンペーン

画像:リボンを抱くみゅうじろう

  • 「オレンジリボン運動」とは

2005年に、栃木県小山市の市民団体により、子どもの虐待防止をめざすことを目的として始まりました。オレンジ色は、「子どもたちの明るい未来を示す色」とされています。「子どもたちへの虐待をなくしたい」という願いのもと、オレンジリボン運動は全国に広がっています。

  • 「パープルリボン運動」とは

世界を子どもや女性の暴力被害者にとってより安全なものとすることを目的として、1994年、アメリカ・ニューハンプシャー州の町で始まったといわれています。「パープルリボン」は、女性に対する暴力のない世界を望む気持ちを表すシンボルとして、今では世界中に広がっています。

暴力・虐待をゼロに!コロナをゼロに!「アマビエ」のオリジナル塗り絵

画像:あまびえ塗り絵見本

「アマビエ」は、古くから日本に伝わる妖怪で、疫病から人々を守るとされています。新型コロナウイルスの感染拡大防止と暴力・虐待の防止をみんなで願い、「アマビエ」の塗り絵を飾りましょう。

オレンジ・パープルリボンツリーを展示

画像:リボンツリー

オレンジ・パープルリボンで装飾したリボンツリーを、区立施設などに展示します。

  • 展示期間:令和2年11月1日~12月10日
  • 展示場所:区役所1階・2階・10階(男女共同参画センターMIW(ミュウ))(九段南1-2-1)、児童・家庭支援センター(神田司町2-16)、かがやきプラザ4階(九段南1-6-10)、障害者よろず相談MOFCA(モフカ/一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1階)

W(ダブル)リボンバッジの着用

画像:ダブルリボンバッジ

「児童虐待防止」のシンボルであるオレンジリボンと、「女性に対する暴力根絶」のシンボルであるパープルリボンを組み合わせた「Wリボンバッジ」を作成し、職員が着用します。お困りごとがあればお声をおかけください。

(注意) Wリボンバッジは大阪府吹田市(外部サイトへリンク)がデザインしたピンバッジです。

バス車内広告を掲示

画像:つり革広告画像

地域福祉交通「風ぐるま」と「丸の内シャトル」のご協力を得て、車内に広告を掲示します。

  • 風ぐるま:おおむね午前8時30分から午後6時30分まで運行
  • 丸の内シャトル:平日午前8時から午後8時まで/土曜日・日曜日・祝日午前10時から午後8時まで運行

MIWパープルリボンプロジェクト2020

詳細はMIWパープルリボンをご覧ください。

お問い合わせ

  • 児童虐待について
    子ども部児童・家庭支援センター子ども家庭相談係
  • 障害者虐待について
    保健福祉部障害者福祉課総合相談担当
  • 高齢者虐待について
    保健福祉部在宅支援課相談係
  • DVについて
    地域振興部国際平和・男女平等人権課男女平等人権係

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局子ども部児童・家庭支援センター 

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-16 神田さくら館6階

電話番号:03-5298-2424

ファクス:03-5298-0240

メールアドレス:jidousenta@city.chiyoda.lg.jp

保健福祉部障害者福祉課総合相談担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4217

ファクス:03-3556-1223

メールアドレス:shogaishafukushi@city.chiyoda.lg.jp

保健福祉部在宅支援課相談係

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-10 高齢者総合サポートセンター かがやきプラザ

電話番号:03-6265-6483

ファクス:03-3265-1163

メールアドレス:zaitakushien@city.chiyoda.lg.jp

地域振興部国際平和・男女平等人権課男女平等人権係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4166

ファクス:03-3264-1466

メールアドレス:kokusaidanjo@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?