• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 暮らし・手続き > ごみ・リサイクル > 資源とごみの分け方・出し方 > カセットボンベ・スプレー缶の出し方(月2回・「蛍光管等の日」にごみ集積所で収集)

ここから本文です。

更新日:2019年3月5日

カセットボンベ・スプレー缶の出し方(月2回・「蛍光管等の日」にごみ集積所で収集)

平成30年12月に札幌市で、スプレー缶の廃棄時に不適切な取り扱いによる事故が発生し、50名以上の負傷者がでる被害となりました。

カセットボンベやスプレー缶を出すときは、できるだけ中身を使い切って、容器には穴を開けずに出してください。

中身が残ってしまった缶を出す場合は、清掃事務所に連絡してください。

カセットボンベの出し方チラシ(PDF:484KB)

ごみが原因による清掃車の火災は、ほぼ毎年発生しています

平成25年以降の火災発生状況は、次のとおりです。()内は火災発生の原因と思われる物。

  • 平成25年12月6日 清掃車の火災発生(カセットボンベ)
  • 平成27年5月14日 清掃車の火災発生(カセットボンベ)
  • 平成28年10月7日 清掃車の火災発生(カセットボンベ)
  • 平成29年5月12日 清掃車の火災発生(携帯電話用電池パック)
  • 平成29年11月15日 清掃車の火災発生(モバイルバッテリー)

以下の写真は、平成25年12月に発生した火災の写真です。

家庭用カセットコンロのガスボンベに残っていたガスが原因でした(けが人はいませんでした)。
カセットボンベ・スプレー缶・ライターを出す時は十分注意してください。

写真:区の清掃車の火災後の様子1

写真:区の清掃車の火災後の様子2

写真:区の清掃車の火災後の様子3

注意

  • できるだけ中身を使い切ってから出してください。
  • 容器に穴は決して開けないでください。
  • 使い切れず残った場合は、清掃事務所へご相談ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境まちづくり部千代田清掃事務所 

〒101-0021 東京都千代田区外神田1-1-6

電話番号:03-3251-0566

ファクス:03-3251-4627

メールアドレス:seisoujimusho@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?