• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 介護保険(利用者の方へ) > 申請書類一覧(介護保険関係)

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

申請書類一覧(介護保険関係)

要介護認定に関すること

担当:高齢介護課介護認定係(電話番号:03-5211-4225)

初めて要介護認定を受ける方は、以下の認定申請書を使用してください。認定調査を行うにあたって質問票の記入もしてください。

認定の有効期間中に、心身の状態の変化で、今までの限度額ではサービスが足りなくなる方は、ケアマネジャーと相談したうえで区分変更申請をしてください。

区は、認定申請・区分変更申請を受け、主治医に、認定に必要な意見書を依頼します。意見書の内容は、普段の受診内容だけではなく、心身の状況や日常の生活機能に関することなど多岐に渡ります。普段の受診だけでは把握が難しい場合もあるため、主治医には認定の申請をすることや、最近の心身の状況を話しておいてください。

内容は意見書作成のための申出書(主治医へ提出)(PDF:196KB)をご覧ください。

被保険者証等の再発行

被保険者証等を紛失したら、再発行の手続きをしてください。
担当:高齢介護課高齢介護係(電話番号:03-5211-4224)

介護保険料の減免に関すること

減免の手続きの前に、内容をお読みください。
担当:高齢介護課高齢介護係(電話番号:03-5211-4224)

サービスの利用に関すること

担当:高齢介護課介護事業指定係(電話番号:03-5211-4336)

ケアマネジャーを選ぶ際に、ケアマネジャーの事業所一覧(PDF:154KB)をお役立てください。

ケアマネジャーが決まったら

居宅サービス計画作成依頼(変更)届出書を、介護保険被保険者証と併せて提出してください。紛失した場合、「被保険者証等再交付申請書」が必要です。

また、サービス利用開始日が届出書提出日の属する月から遡る場合、「計画有効期間変更願」を提出してください。

福祉用具の購入

介護保険が適用される住宅改修

災害や会社の倒産などで財産がなくなったとき、サービスの利用料を減額・免除します

介護保険施設の食費・部屋代を、所得に応じて減額します

生計が困難な方(所得などに上限あり)が在宅サービスを利用した際に、その利用料を減額します

介護保険居宅サービス等利用者負担限度額軽減認定申請書等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?