トップページ > 区政 > 予算・決算・財政・公有財産 > 森林環境税・森林環境譲与税

更新日:2022年2月18日

ここから本文です。

森林環境税・森林環境譲与税

趣旨

日本の温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止等を図るための森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保する観点から、平成31年3月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」が公布されました。

森林環境税

令和6年度から個人住民税均等割の枠組みを用いて、国税として1人年額1,000円が賦課徴収されることとなっています。

森林環境譲与税

令和6年度からの課税に先行して、令和元年度より国から譲与が開始されており、令和2年度における千代田区への交付額は、14,700,000円でした。

市区町村は、譲与を受けた森林環境譲与税を、間伐や人材育成・担い手の確保、木材の利用促進や普及啓発などの「森林整備及びその促進に関する費用」に充て、その使途を公表しなければならないとされています。

令和2年度決算の千代田区の森林環境譲与税の使途は以下のとおりです。
年度 事業名 事業概要 事業費 充当額
令和2年度 地方との連携による森林整備事業 岐阜県高山市、群馬県嬬恋村との森林整備協定に基づき、高山市有林、嬬恋村有森を共同で整備する。

769,000円

769,000円
令和2年度

(仮称)外神田一丁目公共施設整備

公共施設の新築にあたり、木製家具の設置、内装材の木質化、植裁の設置を実施する。 2,548,930,100円 13,931,000円

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策経営部財政課 

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4143

ファクス:03-3264-1466

メールアドレス:zaisei@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?